時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 04月06日のゆき占い(BlogPet) | トップページ | あしあと帳を新しく! »

穴 HOLES (文庫)

穴 HOLES (文庫)
406275587401_aa240_sclzzzzzzz_

友人からお借りした本です。

ああ、またしても、ルイス・サッカーにしてやられました(o^^o)本当に面白くて、話に引き込まれてしまいます。何で、この作家はぐいぐい引き込んでくれるのでしょうか。おかげで、原作が早く読みたくなってきたじゃないですか。試験が終わるまでは、この作家の作品はキケンなので我慢です。(だって、つい読んじゃうんですもん!)

この話の主人公、スタンレー・イェルナッツは滅茶苦茶ツイてない家系の子供で、本人も滅茶苦茶ツイてない子です。しかし、いつでも希望を持っています。彼の父親も「失敗から学ぶのさ」という人です。
そもそも何でツイてないのかというと、彼のひいひいじいさんが、あんぽんたんのへっぽこりんの豚泥棒だということになっていて、そのじいさんにかけられた呪いのためだと言われてるからです(もっとも両親も彼自身もそんなことは信じちゃいませんでしたが)。
このスタンレーは、ある日有名な野球選手のスニーカーを盗んだとして捕まり裁判にかけられた後、グリーン・レイク・キャンプに送られることになりました。このキャンプでは、毎日(土日もなしで!)1つづつ決まった大きさの穴を掘らなければなりません。それは監視員たちによれば、ここに送られた子の「人格形成の役に立つ」らしいです。もっともらしく聞こえる理屈です。しかし、読んでいくと本当の狙いはそうではないことが分かります。(そいつは読んでのお楽しみですよ♪)

\(^^\) (/^^)/ それはさておき~。

このキャンプに送られた後、何に対しても常に受け身だったスタンレーが周りの子供達や監視員たちとのやり取りを通して成長していく様は、とても良かったです。この話はスタンレーの成長物語とも言えますが、それだけでは終わらない魅力があります。それは彼の話が主軸になってはいるものの、かれのひいひいじいさんの物語,サムとキャサリンの悲劇,など過去の物語がそれに上手く絡んでいるからでしょう。本当に素敵な物語でした。

ホント、読めて良かったです!貸してくださって、ありがとうございますm(__)m

« 04月06日のゆき占い(BlogPet) | トップページ | あしあと帳を新しく! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

HOLESは映画もいいですよ。
アメリカの映画で日本では公開されなかったのですがDVDでレンタルされています。
http://www.movies.co.jp/holes/index.html

エトワールさん、映画の情報をありがとうございます!
DVDでレンタルされているのでしたら、観てみたいで
す(*^-^*)試験が終わったら、借りてみようかな♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204989/14549728

この記事へのトラックバック一覧です: 穴 HOLES (文庫):

« 04月06日のゆき占い(BlogPet) | トップページ | あしあと帳を新しく! »