時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

光降る-Light Falls

昨日、hokoriさんのBlogを見ていたら「ホコホコ 最近の
記事」で新しくゲームがupされたとのことだったんで、
早速遊ばせて頂きました♪

それは月が消えるまでの間、降ってくる光を集めるゲー
ムなんですけど、この光を集める猫さんが可愛いのっ!
で、ゲームの結果画面がまた、私、好きなんです♪
だって、光の花が咲いたみたいなんだもんっ!

・・・という訳で、光降る-Light Falls は こちら

モチベーション維持

これは、おそらく私だけではないと思うのだけれど
「モチベーション維持は難しい」と思ってしまう方が
多いのではないでしょうか。

そんな時、逃避行動に出たり、関係のないことを始
めてしまったりしてしまいますね。私も、ついやって
しまいがちです。それで、後で落ち込んでしまった
りする、なんて行動パターンに陥ってしまうんです。

それを止めよう、と思えば思うほど、何故かやって
しまいます。私もやってしまいますが、出来れば、
「そのこと(勉強などが手に付かない)を余り強く考
えないようにしてみる」ようにしたら、少しは減るか
なあ、と期待しつつ少しは頑張るぞと思ってます。

それで、出来るだけ自分に都合良く物事を解釈し
て、プラス思考な方向に気持ちを変えるようにして
います。

かめち&ゆき

今日は、あきさんのペット、かめちが遊びに来てくれました♪
そしてやっぱり、2人して「漢字♪」だそうです(*^-^*)

  

キミたち、その発言は素敵すぎるよー(笑)

向いてないって?

 

ゆきが、昨日こんな言葉を放っていた。
何だろうね?

勉強ほしいなー

ゆきが、タイトルの通りなことを言っていたので
ちょっとは頑張らなきゃなー。

それはそうと、今日もごんたろうと2人して言って
たのが「漢字!」とは(笑)キミたち、漢字が好き
なのかな?

ある意味、勉強好きなペットが背中を押してる。

それが何か?

今日の宿題メールにて。

まず,受験です。10回落ち続けてから自分に向いていないと思いましょう。

私、10回は落ち続けていますが何か?
自分のことは、自分で決めるよ。

2月も終盤だー

ホントに、2月は逃げていきますねええ。
今週、あるいは来週中には模試を実施
しなくては(>_<)

もっと、頑張った方が良いな。きっと。

野望がいっぱいらしい

ウチの旦那さん、どうしてそんなに野望がいっぱい
浮かぶんだろうね?頭の中に野望製造機でも仕込
んでいるのだろうか?

でも、何もする気力がないとか言われるよりは良い
のかな(o^^o)

ゆき&ごんたろうも?!(BlogPet)

ねこママの「ゆき&ごんたろうも?!」のまねしてかいてみるね

漢字の勉強、一緒にしてくれるみたいです♪わーいっ、一緒にしてくれるみたいです♪わーいっ、一緒にしてくれるみたいです♪わーいっ、一緒にしてくれるみたいです♪わーいっ、一緒にしてくれるみたいです♪わーいっ、ありがとー!!...

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

ゆき&ごんたろうも?!

漢字の勉強、一緒にしてくれるみたいです♪

  

わーいっ、ありがとー!!

漢字検定

はてなの方には昨日書いていますが、先日受検した
漢字検定は未合格でした。

「365歩のマーチ」じゃないけど、1歩進んで2歩下がる
を地でいってます。このあたり、昨日ここで書いた油断
が現実に現れた結果だと思います。

とは言え、元々は生涯学習の一環として受検している
ので必要以上に落ち込まず学びたいです。勿論、合格
するつもりですけど。

油断は心の隙間に訪れる

自分では、そんなつもりが全くなかったとしても
心に隙間を作ってしまうことがある。

隙間が寂しさだけをもたらすだけなら良いのだ
けれど、どうもそうではないらしい。何故?と問
いかけてみたことはないが。

少なくとも私の場合、そんな時に油断を生んで
しまうことが多々ある。そんなことを思うことも、
ある。

Googleに聞け!英語の疑問を瞬時に解決

Googleに聞け!英語の疑問を瞬時に解決

この本は「Googleを辞書代わりに使ってみよう!」という内容のものですが、いわゆるIT系のHow to本の中では、ちょっと古い部類の本です。それでも、普段は殆ど使わない検索方法の話があって、私には面白かったです。例えば、私はAND検索を無意識にやってることが多いのですが、OR検索、或いは検索する言葉の絞り込み方については良く分かっていませんでした。更に言えば、イメージ検索なんてやったことなかったです。そんな部分が面白かったです。

ただ、正直なところ、普段から検索をし慣れている方にとっては物足りない内容かもしれません。まあ、「英語で文章を書くときに言葉の用例を探すのに役立つ」という話程度で読むならば、丁度良いかと思います。

(それにしても、これを読んだシチュエーションが実母の用事に付き合った待ち時間っていうのはどうなんだ?)

ゾウを倒すアリ

ゾウを倒すアリ

この本で言われている「ゾウ」って、何のことだろう?図書館で本を見た私は、そう感じて、つい手にとってしまいました。すると、著者は「大企業」を指して言っているようです。ならば、「アリ」は?

そう、アリは主に「中小企業」を指して呼んでいたのです。すなわち「ゾウを倒すアリ」とは、大企業に勝った中小企業のことなのです。では、中小の企業が、そのようにして大企業に勝つのでしょうか。まともに勝負を挑んだら、量で圧倒する大企業が勝つに決まっています。しかし、大企業が踏み込めない領域は必ずあります。そこをいくのです。

ただ、そこには以下のビジネスモデルがあると著者は言います。


・人間力を磨くビジネスモデルで勝つアリ
・地域に密着するビジネスモデルで勝つアリ
・一気にグローバルに飛ぶビジネスモデルで勝つアリ
・競争関係を劇的に変えるビジネスモデルで勝つアリ

そして、その、アリがゾウを倒すビジネスモデルの本質について、こう語っています。


競争原理で凝り固まった思考を切り替えて、シェアする
という新しい視点から、物事を再検討して事業を生み出す

実際には、言うほど簡単なことではなかったのだろうと思います。でも、この本に出てくる企業の話は、疲弊しきった日本社会の中で生き残るカギになり得るのではないかと思います。

働きアリでいるのは、悪いことではありません。が、生き残るのであれば「考えるアリ」になることも必要なのだと教えてくれます。私はたぶん、個人レベルでもそうなんじゃないか?という気がしています。

学習ついでに、一工夫♪

情報処理の勉強をしていて、ちょびっとばかり停滞気味
だったものだから、初めてグラフで達成度を見えるように
してみました。そのグラフ自体は、はてなの方で書いて
る日記に貼り付けていますが、休むと数値が伸びない
ので出来るだけ休まないようになるかなー。

停滞解消が出来て、更に学習に意識が向けば良いなあ
と思うんです。徐々に自分の意識を変えていきたいっす。
それが、すぐ出来ることならば、やっても良いですよね。

きっと、良い方向へ向かっていると信じて進みたいです。

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

昨年の4月にtamaさんのBlogで紹介されていたので、読んでみたいなあと思って図書館で予約していました。その時は回ってくるのに1年以上かかりそうな感じがしたんですが、なんと1年も掛からずに順番が回ってきましたっ!もう、嬉しくて2回も読んでしまいましたよ(o^^o)って、ちょっと大げさかな?

この本は、株主総会で突然社長に就任することに決まった女性が会計のプロからレクチャーを受けながら会社の経営を建て直していくという物語形式で書かれた会計の本です。話そのものも面白かったのですが、中でも興味深かったのは、「会計は、だまし絵である」と言う言葉でした。その理由として、こんなことが挙げられていました。


決算書が伝える情報には、会社の主観が折り込まれている。その主観によって利益は変動する


これは損益計算書を見ると分かることなのですが、ひとくちに「利益」と言ってもどこを見るかによって数値の捉え方が違ってくるからなのです。また、同じ数値を見ていたとしても、見る人によっては違った見方が出来るということでもあります。そんな話が物語の始めの方にあり、その後の話の流れにも度々出てきていました。これは確かに、そうかもと思います。

それはそうと。私は、この類の本を読むのに抵抗があまりないようです。

小説を書くの?

Yuki
今日、ゆきが放った言葉に私は目がテンになってしまいました。彼女は、いつ小説を書いていたのでしょうか?

ゆき(BlogPet)

ゆきは、かめちは予定が検定するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

やれるかな?

めげずに勉強を続けるのは、たまにしんどくなるけど
諦めないで続けていられるかな?

頑張らなくっちゃー(^^ゞ

無口な日々(^_^;)\(・_・) オイオイ

だいたい誰とも会うことがない生活なので、
どうしても黙ってる時間が多いんだよね。

時々、エントランスで井戸端会議してる子
連れママさんたちを見かけて、お喋り出来
て良いなーとも思うこともあるんだ。

けど、入れないんだよね。そもそも話題に
付いていけないや。

で。無口な日々、なんだなっ。アウッ(>_<)

チョコもらえる?

ゆきのお友達、子龍が「ひみつ日記」に書いていた
んだけど今日はバレンタインデーでしたね(o^^o)

そういや、ゆきはチョコあげたのかな?

不安定だった

先日読んだ本で、ふと自分の過去の思いを甦らせて
しまったせいか、気分的に不安定でした。

とっくの昔に、不妊である自分と折り合いをつけたと
思い込んでいたのに、まだ昔の思いを引きずってる
ことに気付くなんて思いもしませんでした。とは言っ
ても、どんな瞬間にそんな自分が出るのかなんて、
自分では考えていないのですが。

まあ、「子供を授かることだけが人生ではない」のは
充分理解しているつもりです。でも、今はまだそれに
代わる何かを見つけられずにいるような気がします。

そんな、自分がもどかしいのです。私はどこへ向か
えば良いのか、未だに試行錯誤中なのです。

そうだね♪

今日は、ゆきと勉強だったね(*^-^*)
うふ。

きょうはゆきと勉強する(BlogPet)

きょうはゆきと勉強する?
それとも浮き沈みする?

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

チグリスとユーフラテス

チグリスとユーフラテス

久し振りに、SF長編小説を読みました。ホント、どれくらいぶりでしょうか。こんだけ長い小説を読んだのは。(しかも、かなり集中して読んでしまったー(^^ゞ)

この話、地球から惑星間移民した人々の逆さ年代記の形で書かれています。そして、登場人物は基本的に女性5人(あ、勿論それぞれの回想部分では様々な人が出てきますが・・・基本的な部分では人間は5人しか出てきません)で、そのうちの1人はその惑星の最後の子供です。彼女とコールド・スリープで眠っていた4人の女性達との話から、その惑星”ナイン”で移民達が辿ってきたことを知ることになります。

んで、この話ってば文体は他の作品と同じような感じなのに、私には最初の章が一番重たかったのです。何故かって言うと、最後の子供”ルナ”が起こした女性が不妊で苦しんだ人だった-それもルナの母親と同時代を生きていて、彼女の母をよく知っていた人物-から。そして彼女の場合、子をもうけることが生きる意味だったから。

それは、かつて同じように自分を追い込んだ私本人を思い出させるものであったので、読んでいて辛かったです。そう、この本が出た当時に読んでいたら号泣したでしょう。一番、辛かった時期でしたから。そういう意味では、読んだ時期が現在なのは寧ろ、良かったのかもしれません。ただの推測ですが。

子供を産み育てることが善なのか、そうでないのか、そんなことは私には分かりません。でも、これだけは分かります。子供がいてもいなくても、夫婦が幸せだと思える生き方が出来たらそれで良いのだということを。まあ、悩みはしますけど(何てたって「隣の芝生は青い」からね)。

英作文 Highroad

iKnow!をやってる方の「人気のある日記」で、こんな名称の
英作文チェックアプリケーションが紹介されてたので早速
試しにやってみました。

まだ最初の方の問題しかやってないのですけど、ちゃんと
添削が入りツッコまれるところが何とも面白いです。私も、
しっかりツッコまれてしまいました。良かったら、やってみて
下さいね♪

英作文 Highroad
       http://www2u.biglobe.ne.jp/~houmei/highroad/tohr.html

お疲れちゃん

雪の中の外出は、それなりに疲れるものだなあ。
ってか、3つの場所を移動する予定のその日にも
相方が風邪引いて一緒にいないというのは、か
なり堪える事態だよー。

おかげで今日、私は疲れ切って気力もあまりない
状態でした。はううう。

ふぁいと!

朝から雪が降っているけれど
旦那が風邪引いて勉強会に
参加できないけれど

今日は、何とか乗り切るのだ

明日は勉強会

しかも、漢字検定の日だったりする。直前になって、ちょっと
気合いが入ってなかった自分にダメ出しすることもあったん
だけど、それはそれとして明日しっかり受検はします。

あと、旦那が風邪を引いているのが少し気に掛かりますが
今日明日と家でのんびり過ごしてもらって治って欲しいな。

ゆき(BlogPet)

ゆきは、授業したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

世界一やさしい問題解決の授業

世界一やさしい問題解決の授業

この本は友人のBlogで面白いと話題になっていたもので、書店で見かけたときに、つい手が伸びてしまったものでした。確かに読者対象が子供ということもあり、読みやすくて、すぐに読み終わってしまいました。でも、大人が読んでも勉強になる本だと思います。何故なら、問題を解決する力というのは子供も大人も「自分で持っていれば、自分の頭で考え行動していける」癖をもつことのようですから。

この方法が平易な言葉で説明されているのだから、とっつきやすいというのは頷けるところです。話は、3限の授業という形で進んでいきます。問題解決で出てくるツールを見ていると、どこかで見たことのあるようなものだなあって気がつきます。そして読みながら、ふと私の頭に浮かんだのは「PDCAサイクル」と言う言葉でした。

何となくですが、現在やっている勉強とリンクするなあと思いました。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »