時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ミニブログ

今年に入って、Twitterっていうミニブログを試しに使って
います。ふふ、たまたまiKnow!で知ったのがキッカケで
興味を持ったのが始まりなんですけどね。

http://twitter.com/
最初は自分自身のつぶやきを書いていただけなのです
が、使い方によっては、世界中の人とやりとり出来そう
です。色々な言語で「いま、してること」が書かれていま
すので、見てるだけでも面白いかな。でも、やりとりが出
来ると楽しいんじゃないかな~o(^^o)(o^^)oわくわく

そして、これを使って、皆で「いま何してる?」って話をし
たら面白いだろうなあ。やってる人、いるかな?

そうそう、最近ブログペットでも同じような機能が加わった
みたいですが、そっちは使ったことないですー。

始動!

立ち上がったついでに、先日受験したADの午後問題を
少しずつ読んでます。っていうか、昨夜から始めました。

前回は少し気負ったところがあるので、今回はあまり
気負わず、やっていきたいです。

転んでも立ち上がる

そして、歩き出す。そんな繰り返しかもしれない。
物事は、そのまま変わらないようにみえても実は
少しずつ違ってくるものらしい。

下手な鉄砲

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」とは言うけれど、これが
なかなか狙い通りにいきませぬ。ちょっと、下手にも程が
あるぞって思ってしまった私でした。

そんな私の自己採点結果ですが、こんなん出ました。



「AD 初級システムアドミニストレータ 午前問題」 採点結果
予想正答率:87.50 %  (80 問中 70 問正解)

分野別正答率:
システムの開発と運用 96.00 %  (25 問中 24 問正解)
システムの構成と方式 100.00 %  (5 問中 5 問正解)
システム応用 100.00 %  (5 問中 5 問正解)
セキュリティ 87.50 %  (8 問中 7 問正解)
ハードウェア 100.00 %  (5 問中 5 問正解)
基本ソフトウェア 80.00 %  (5 問中 4 問正解)
情報化と経営 70.00 %  (20 問中 14 問正解)
標準化 85.71 %  (7 問中 6 問正解)


「AD-PM 初級システムアドミニストレータ 午後問題」 採点結果
予想得点率: 41.80 %


午後問題、時間内に解く練習をもっとしよーね。

受験しました!

疲れきって、何も考えることが
出来ません(*_*)

眺めただけに(‥、)

Anne of Green Gables (Puffin Classics)

もともと全部読み切るつもりではなく、ちょっと借りてみたかっただけだったので構わなかったのですが、それでも借りたのが試験の前だったのが惜しかったかなぁ。しかも、延長して借りようにも次の予約が入っているらしくて、それもすぐには無理みたい。きっと、私と同じことを考えている人が何人かいたんだろうな。

で、ところどころ目を通しただけなんですが、知らない単語を飛ばして読んだら少しは読めるかな?という感じを受けました。10代の頃、何度か邦訳版を読みましたので、少しは話の場面が思い出せる気がするからです。ただ、細かい部分まで思い出せるとは考えていませんけどね。楽しめると良いな、とは思ってますけど。

そうそう、実は図書館に予約して割とすぐの時期に近所の書店で見つけて購入してるんです。なので、たまに眺めるのは可能だったりします。(もっとも、Amazonで購入した方が安く購入出来たんですけどね)

再読:金の言いまつがい

金の言いまつがい (ほぼ日ブックス)

この本、2度目の貸し出しで、やっとこ全部読み終わりました(笑)でもね、何かの陰謀みたいに、試験前にしか回ってこなかったので、今回は寝る前とか勉強の合間にガンガン読んでしまいました(*^-^*)

まあ、この本は読み始めたら止まりませんから・・・試験前に読むのってかなり危険なんですよね~。あまりに面白いので、お腹も痛くなりますし。でも、何も考えずに気楽に読める本は気分転換に必要です。

思いっきり笑った後は、勉強に戻らなきゃね(*^-^*)

喝を入れてくれたよ♪

お友達のエイドリアンが、こんなことを言ってくれました(*^-^*)

がんばらんば(*^ー゚)v

CRYSTAL CHILDREN

これはラジオから流れてきた「みんなのうた」で、流れていた
曲です。人を明るい気持ちにさせる良い曲ですね。

楽しくいこう

今日は、とある勉強会に参加してきました♪
やっぱり1人で勉強するより楽しいな(*^-^*)

それに家で1人でやるときって、なかなか勉強
モードに入れなかったりするので、そう言う意
味では他の人と一緒に勉強するのは良いこと
だなあって思います。

英語なんてカンタンだ!

英語なんてカンタンだ!

この本も、図書館で何となく見つけてみました。小学生に向けた「英語のすすめ」という感じの本なので、そう難しいことはないです。気楽に楽しく読むのには、丁度良い1冊でした。

この本を読んで改めて知ったのですが、今や小学校でも英語学習に取り組む時代なんですね。で、小学生のうちの英語学習では「英語に慣れておこう」というのが、この本のテーマになっているようです。確かに、中学校から英語に触れた世代の私でも、「慣れる」というのには抵抗はない気がします。そう言う意味では、面白かったです。

それで、いくつか慣れる方法を挙げてらっしゃいましたが「ルー語」,「歌」,「モノマネ」,そして「読書」もありました。「ルー語」に関しては、言わずと知れた、あの「ルー語」です。これを使って、単語を覚えてみるってことです。
「歌」は、好きな歌やよく知られた英語の童謡などを利用することです。もちろん、一緒に歌ってしまうのが楽しく慣れるには良いと思います。これは、私も良いと思います。あと、「モノマネ」はCDなどで聞いたものを真似してその場で言ってみることです。
そして「読書」は、自分が知っている話を読んでから英語で読んでみることです。齋藤さんは、親子で読むのを勧めてらっしゃいます。まあ、これは英語に限ったことではないですけどね。最初から自分ひとりで読める本なんて、ないと思いますし(笑)それに、薄い本でも1冊読めればたいしたもんですよ。

でも、英語はあくまでも道具です。日本人としての自分、それを忘れないことが最も必要なことだという話があったのですが、まさにその通りだと思いました。文化の違いは違いとして認めて、かつ、他の文化を持った人と交流するということが最も重要ではないかと私も感じますので。

ミラクル7号

昨日、Yahoo!の映画予告動画タイトルをを何となく見たら、
たまたま香港のサイトで注文した映画のDVDと同じだったの
で驚いたよー。このDVDは、何となく気になって、ついポチッと
カートに入れちゃった私ですが、映画が日本でも公開される
予定があったなんて全くその時は知りませんでした~!

いやいや、ビックリしました\(◎o◎)/

それにしてもね、超ビンボー親子の元にやってきたSF映画史
上もっとも「使えねー」地球外生命体って何なんでしょう?それ
が凄く気になったんです!!

日本での劇場公開は、6月28日(土)より。

監督:チャウ・シンチー
キャスト:チャウ・シンチー,シュー・チャオ,キティ・チャン,他

ミラクル7号・オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/cj7/index.html

DVDの情報は、ここ ☆ミ

Lost in the Jungle

Lost in the Jungle

再読シリーズ・その3です(笑) この話では、なんとジャングルに行ってしまってます!

自分の誕生日に、たくさんの植物に囲まれて喜ぶMum。まるでジャングルにいるみたい!・・・なんて言ったら、その場にいた子供達は本物のジャングルへ。そこで、失われた都市を探す探検家に出会います。さてさて、彼らは探しているものを見つけることが出来るでしょうか?

YL:0.7,総語数:969words

おかえりなさい

ネットでしか話をしたことがなくても、
やっぱり帰ってくるというのは
本当に、嬉しいことだよね

おかえりなさい



The Broken Roof

The Broken Roof

再読シリーズ・その2(笑)です。この話でも、マジックキーで冒険します。今回は、過去の時間へ!

little houseの屋根が誤って壊されてしまったのが、Biffたちの冒険の後、いつの間にか直っていたのが不思議で面白かったです。

そういえば、古い道具で"mangle"というものがあったのだけど、これがなかったら洗濯は大変だったろうなって思っちゃいました。濡れた布は、本当に重たいですから。

YL:0.7,総語数:983words

ニュートラル

I am OK. You are OK.

どっちかが "not OK" になるより、
両方とも "not OK" になるより

両方に "OK" を出してみよう

自分も他者も認めることから
何かが始まるから

それが難しかったら、まず
"I am OK." って言ってみよう

そこから始まることの方が多いからね

Red Planet

Red Planet

この本は読んだことがある気がしますが、何冊かの同じORTシリーズを同時に図書館から借りたので読みました。

ChipとWilfとNadim、そしてFloppyがマジックキーの力で、宇宙を旅する話です。ただ、その設定が、どうやらNadimのコンピュータゲームの世界って感じですけど(o^^o)

で、Floppyは「宇宙空間より地面の上にいる方がいいよ」なんて思ってるみたいで、早く戻りたがってるのが面白かったです。

YL:0.7,総語数:895words

鉄博勉強会

昨日、勉強会の後で急遽決まった鉄博勉強会(^_^;)
鉄道博物館で、なんの勉強してるのやら(笑)

あ、でもちゃんと問題集は持っていくつもりでーす。
解くのは無理そうなので、解説読みつつ考え方を
勉強するぞ~♪

受験票が届きました

いよいよ、って感じですかね。でも、再び同じ会場
だったりするので、何だか緊張感を感じない気が
するんです(^_^;) これって、気のせいでしょうか?

でも、変に今から緊張しても疲れるだけですよね。
だったら、気のせいってことにしておいた方が自分
のためになるのかな~?

一度も植民地になったことがない日本

一度も植民地になったことがない日本

この本には、e-honのメルマガで紹介されていたことがキッカケで興味を持って、その時すぐに図書館に予約を入れていました。それが回ってきたので読んだのですが、軽いエッセイとしては面白かったです。ただ比較文化論として読んだなら、ちょっと物足りなかったかなという感想を持ってしまうかもしれません。

本の冒頭部分にある話ですが、こんな一文がありました。


日本は、アジア、アフリカで一度も植民地にならなかった稀有な国だ


とは、ヨーロッパでは普通に言われていることです。が、著者はこれを初めて聞いたときに驚いたんだそうです。私は逆に、なんでそれで驚けるの?と感じました。歴史を遡ってみれば、植民地になってしまう危機は何度かあったことくらい、すぐ思いつくでしょうに、と感じたからです。学校では習わなかったでしょうが、歴史に興味があれば思いつきますよ。

そこで、比較文化という興味を少し脇に置いて読むことにしたんです。(私は、文化が違うのは当然だと思っているので、その違いを知るということに興味を持っています)話の中身は著者がヨーロッパなどで関わってきた、「ごく普通の人たちから見た日本のイメージって、こんなものですよ」的な話が中心ですので、ビジネストークではない本音の部分を垣間見るという点では興味深かったです。古今東西、隣の芝生は青いものですけどね。

欲を言えば、少し突っ込んだ内容が読みたかったです。

多読・多聴最強ガイド

多読・多聴最強ガイド―英語の本が辞書なしで楽しめる! (Gakken Mook 英語耳&英語舌シリーズ 1)

酒井先生のサイトで言及されていた雑誌で、書店で実物を見て少し考えてから購入してしまいました。実は、立ち読みでも良いかなと思ったのですが音声素材CDが付属でしたし、何より本の紹介などが面白そうでしたので興味が持てました。(勿論、知っている作品も多かったという部分も大きかったのですが(^^ゞ)

私は英語多読の方を面白いからやっていますが、特に多聴を意識したことなどはありません。ですが、たまには自分が読んで知っている話を音声で聴く、というのも良いなと思っています。まずは付属のCDを勉強の合間にでも聴こうかなと考えています。

多読にしろ、多聴にしろ、自分が面白いと思えることだったら勉強として頑張らなくても長く続く趣味になるんじゃないかな、というのが最近の実感でもあります。だから、時々休んでも気にせず楽しめるのだなと思っています。

天才柳沢教授の生活 26

天才柳沢教授の生活 26

旦那が好きで買ってくるシリーズの最新刊なのですが、話が面白いので私も、ついつい読んでしまいました。

だって主人公の柳沢教授が、あまりに魅力的なんですもん。まあ、変わってるといえば変わってるけれど常にマイペースで、人間観察大好きで、しかも好奇心が旺盛とくれば日常の出来事さえも何かしら発見がある日々になるんです。そういうのも良いなと思います。

そんな柳沢教授の生活の一部、という感じで作品が描かれているのですが、周囲の人々もまた教授に負けないくらいに魅力あるキャラクターが揃ってるんですよ。人間が生き生きしてる作品なら、コミックでも何でも好きですね。

さて、この本の中では最後の話である「祝宴までの道程」が読んでいて一番面白かったです。この話、同僚の教授と誕生日について語り合うっていうストーリーなのです。ただ、「なんで誕生日を祝う」ということで、そんなに考えられるんだあ!とツッコミたくなっちゃう話でもあるんです。

それでも。長くなったシリーズなのに、読んでいて飽きが来ないのは凄いなあと思います。この教授のモデルとなった方は亡くなられたそうですが、作品はまだまだ続いていって欲しいです。

四月馬鹿

今日、4月1日はエイプリルフール。・・・と言うことで、
それにちなんだものを拾ってみました。

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenapress/20080401/1207006966
http://event.yahoo.co.jp/invaders/beginning/
http://internet.watch.impress.co.jp/static/uocchi/2006/04/01/af20.htm
http://www.mag2.com/
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/04/01/yashiro2008.html
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080401_april_fool/


笑える罪のないウソなら、いくらでも楽しめますよね(o^^o)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »