時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

癒しのケーキ♪

何だか無性に甘いものが食べたくなったので、ケーキ
を購入してきました。もっとも、自分の分だけだと恨ま
れそうな気がしたので、当然のように旦那の分も買い
ましたが(^^ゞ

で、何にしようか目移りして迷ったのですが、フルーツ
ロールケーキにしてみました。


ホント、美味しいものを食べると、なんか癒されますね。

飼い主は嫉妬しないです(BlogPet)

きのうあゆむが、飼い主は嫉妬しないです。
それできょうあゆむが最初とか経営しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「あゆむ」が書きました。

Thanks friends!!

今日は、皆、ありがとう。ペットの皆も、ありがとう。

たった一言で、気持ちが伝わるかどうかは分からない。
でも、それだけが言いたくて。

きっと、今日は良い日になるかもしれない。ありがとう。


  

ゆき

ホントは、登場予定じゃなかったのだけど
特別に出てもらいました(*^-^*)

ゆき、お誕生日おめでとう。♪(⌒ー⌒)o∠★:゚*'
3歳になったね。

  

06月27日のあゆむ占い (BlogPet)

あゆむが占ってあげるね。

今日は「エイドリアン運上昇中」だよ。
きょうの運勢は、エイドリアン級
うふっ♪ (⌒ー⌒)

カワイイ♪

いつ見てもエイドリアンは、カワイイね。・・・なんて言ったら、
自分のペットが嫉妬しちゃうかな?へへへ。


こちらは、takuakiさんのペットのyasuyuちゃんです。「勉強は
美味しい」とは、流石です。勉強の楽しみ方を知ってるの?

楽しみだなあ!

先日、とある図書館のサイトにてDVDリストを見ていたら
凄く懐かしい映画のDVDを見かけたので速攻で予約して
しまいました。それで、すぐ順番が回ってきたので借りて
きたのです。

あああ、観るのが楽しみです!!

ちなみに、その映画は20年ちょっと前に日本でも公開され
た「ショート・サーキット(Short Circuit)」という映画です。

この映画のことを覚えてる方、いらっしゃいます?

かめちと漢字

今日、かめちが遊びに来てくれたときの会話です。

 


飼い主のあきさんが、漢字の勉強をなさってると
言うのに、かめちは漢字があんまり好きじゃない
ようです(^_^;)

さて、ウチの子は同じことを言われたら何て言う
んだろう?

読書な話をup

先週の金曜には読み終わっていた『モヒカン族の最後』の
感想を、今日upしました。本当は昨日くらいに書くつもりで
はあったのだけど、のんびりし過ぎて忘れてたので(^^ゞ

それにしても、歴史的な背景・事実を下敷きにして書かれ
ているとは言え、あまりに悲劇的な話だったので辛い気持
ちになりました。

でも恐らく、ただの冒険物語であったなら、私が手に取った
かどうか・・・謎ですね。歴史小説好きな一面は、たまに、
こんな厄介な選択をするようです(^_^;)

漢字検定

今日は、漢字検定を受検してきました。私は前回に続いて
2級を受けたのですが、前回より少しは多く書けたかなって
気はしています。

ただ、いつもは会場で標準解答を貰えるのですが、今回か
ら後日郵送になってしまったみたいです。漢検ホームペー
ジにもそのことは書いてありましたが、実は今日まで見て
なかったので気付くのが遅れました(^^ゞ


結果が出るまでは ((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ワクワク


検定が終わってから、書店やファストフード店に寄り道して
から帰宅しました。

背中(BlogPet)

きょうあゆむは、背中経営したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「あゆむ」が書きました。

モヒカン族の最後

モヒカン族の最後 痛快世界の冒険文学 (22)

この物語の舞台は、18世紀中頃の独立前のアメリカ。イギリスとフランスが繰り広げる植民地戦争は、先住民族をも巻き込んで様々な悲劇を生んでいった(フレンチ・アンド・インディアン戦争)。そんな時代の白人達と先住民との関わりは、必ずしも友好的とは言えなかっただろうと思われる。

「復讐を誓うヒューロン族の男に連れ去られたイギリス人指揮官の娘たちをモヒカン族の若き族長は救えるのか?」というのが物語の大筋なのだが、しかし結末は悲しい。

図書館でふと目にしたのがキッカケで借りた本ではあったのだが、完訳の同タイトルの本を読んでみたくなった。

シンプルに考えてみよう

やりたいことがもし、今あるとしたら
あなたはどうしたい?

やりたいか、やりたくないか

ただ、それだけで決めてしまっても
良いんじゃないかな

あなたのやりたいことなんだもの

そうでしょう?

心の中にあれば

今日、はてなダイアリーで書いていた日記の一部を
削除してみた。最初は、惜しいと思うかな?とも思っ
たけれど、初年度の古い日記を思い切って削除した。
(一部、残ってるものがあるが)

その際、敢えてバックアップデータも取らなかった。
勿体ないと言えば勿体ないのだけど、古い日記を読
み返すことなんて殆どない私のこと、無くてもさほど
困らないのではないかと、今回は判断したからだ。

まあ、思い出なんて、心の中にあれば充分だからね。
そりゃあ、読み返せば懐かしいものだけれど。でも。

なるほどね

takuakiさんの日記で紹介されていた「あなたの背中を押しましょう」と
いうメルマガにあった話に思わず納得。

何に納得したのかというと、第794回 <あなたは、「あなたの理想」
にふさわしいですか>の
<必ず邪魔が入ります>という話です。


あなたの潜在意識が、変わりたくなくて、
意識的、無意識的に抵抗しているのです。


そういう状態になったときって、自分から躓いてしまってる
んですね。変わりたくない気持ちが起きない程度の変化を
続けるか、「大きなにんじん」を見つけるか、した方が良い
みたいです。

私も、そうなのかもしれないな、と思ってるところです。変化
を恐れず受け入れることも、必要なことですよね。

常用漢字追加かな?

常用漢字追加案、「串」「丼」「尻」「枕」など計188字

この記事を読んで載っていた漢字を見たのですけど、
よく使うような字なのに今まで常用漢字じゃなかった
のが不思議だと思うものもチラホラありました。

だいたい、県名に使われているような漢字が常用漢
字でなかったって、どういうこと?って思いましたもん。
っていうか、どんな基準で常用漢字表が決まったん
でしょう?

なんて思ったので、こんな時にはやはり便りになる
ウィキペディアを見ましたよ。面白かったです。

情報処理技術者試験:高度区分

本日、高度区分の合格発表日ですね(*^-^*)

合格された皆さま、おめでとうございます。
☆彡(ノ^^)ノCongratulationsヘ(^^ヘ)☆彡


残念ながら未合格だった皆さま、来年度から
始まる新試験、または秋試験で頑張って下さ
いね。

くつろぐワン♪


某所のお客さんで来ていたワンコ、大変よく懐いて
くつろいでました(*^-^*)

写真を撮ってもらったのですが、カメラを向けると「ん?」
とばかりにカメラを覗き込むのが可愛かったです♪

身体は小さいけれど、よく食べる子なんだそうです。

ゆく野望の流れは絶えずして(?_?)

どっかの誰かの野望です。某駅で、ぼそっと言ってました。

総武流山電鉄に乗らなきゃ!

止めるのは無駄なので止めませんが・・・・・乗るんですか?
まあ、確かに乗る機会を作らないと乗ることのない路線です
けどね(笑)

そういや、ユーカリが丘線にも乗りに行きたいとか言ってた
よね。いつ乗るつもりでいるのだろう?


☆タイトルだけ、某Blogコメントより本歌取りしてます(^^ゞ
(って、和歌じゃないけど)

ちょっとだけ真面目に♪

今日になって、あんまり身が入っていなかった(?!)漢字検定の
勉強を、「やっぱり、やるか」ってなノリで午後からやってました。

学生の時も漢字の書き取りを苦手に感じていましたが、当時は
まだ何だかんだ言っても字を書く機会が持てたから今よりは楽
だった気がします。今は、ホントに自分で何かしら書かないと
忘れてしまうような気がします。

とは言っても、半分は趣味のような感じもあるので楽しめたら
良いのかな、とも思っています(^^ゞ

エイドリアン♪

「カレーっておいしいんだよね?」

お友達のエイドリアンが言ってました(*^-^*)
しろさんと一緒にカレー食べたいのかな?

経営(BlogPet)

あゆむは経営するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「あゆむ」が書きました。

ダ・メール!―やってはいけないメール30の掟

ダ・メール!―やってはいけないメール30の掟

たった1通のメールが原因でトラブルを呼んでしまった・・・なんて危険性は、現在だったら当たり前のようにありますよね。それは、回避しようと思えば回避できるものです。この本では、そんなトラブルを避けるための「やってはいけないこと」を事例を挙げて解説しています。

たかがメール、されどメール。プライベートメールでもそうですけど、ビジネスメールだったら尚更、トラブルを避けたいものです。ちょっとした操作ミスで多くの人を巻き込んでしまうこともあるだろうし、うっかり不適切な内容のメールになってしまうこともあるかもしれません。おそらく誰でも経験することだと思いますが、メールでの失敗が後々の人間関係に影響を及ぼさないようにしたいものですよね。

それと、迷惑メールも避けられるものなら自分で回避出来るものもあります。それも知っている人には余り参考にはならないと思いますが、メール初心者の人や、たまにしか使わなくて余り知らないと言う人には役に立つ本だと思います。

早すぎるよ~

今日になるまで気付かなかったんだけど、作家の
氷室冴子さん、亡くなられていたんですねぇ(+_+)
10代の終わり頃~20代くらいまで、氷室さんの作
品を好きで読んでいましたので信じられない気分
です。

☆この記事です おくやみ:氷室冴子さん=作家

享年51歳だなんて、早すぎると思うよー。

経営はロマンだ!

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男 (日経ビジネス人文庫)

「経営は○○だ」という中には、ロマンあり、夢あり。10人の経営者がいれば、少なくとも10通りの答が出てきそうな感じがします。そんな中で「経営はロマンだ」というのは、この本の著者、小倉昌男さんす。この方は、ヤマト運輸創業者を父に持ち、そして自らもその会社経営に携わってこられた方でもあります。
そして、会社の経営危機に陥ったときに宅急便事業を始め、これを乗り越えて経営を建て直したことでも知られています。ただ、この本が出版された当時には同社からは身を引き、福祉事業に身を置くようになったそうです。

この本を図書館で何気なく手にとって読んでみたら、何だか面白くて勢いで借りてしまいました。宅急便事業が軌道に乗ってきて更に発展しようとしていた頃、あることで監督官庁と揉めたとき、「筋の通らないことは赦さない」小倉さんは、これらと戦った話が特に興味深かったです。読んでいくと「さもありなん」と思ったのですが、役人の論理と事業者の論理って相容れない部分が大きいのでしょう。実際、事業者の方は顧客の方を見て商売をするけれど、役人は顧客である国民を見ていないことが往々にしてあるようですから。(このことは、この本の事例だけじゃなくても、調べたら色々出るのではないでしょうか)

また、福祉事業を始めたときの話も興味深いです。著者本人の周りに障害者がいたという訳ではなかったにも関わらず、そういったことを始めること、そのものが私にとっては興味深かったのです。大抵の場合、心身に障害を持った方が周りにいる環境で、その「役に立てたら良い」と始める人が多い気がするからです。大半の健常者は、実際に障害を持った方と接する機会は少ないかもしれません。そういうことを考えると、著者が若い頃に「自分は神によって生かされている」と感じるような体験をしていることが、もしかしたら影響を与えているのかもしれません。
それと、障害者の給与が低いことに関してもまた、「経営の問題」と仰っています。障害者が自立をするのであれば、暮らしていける給与が必要なのに、それより低いのです。しかも、働ける場所が少なすぎます。それでは、「自立するな」と言ってるようなものです。これには、共感を覚えました。

Amazonでのレビューでも色々書かれていますが、ビジネス書というよりは著者の一代記として読む方が楽しめる本かと思います。実際に、私はそういう風に読みました。

イタリアン! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ イタリアン!
「イタリアンと聞いて今一番最初に思い出したメニューは?」


ありきたりだけど、パスタかな?でも、一口に
パスタと言っても調理方法は色々あるよね。

他に、フォカッチャも良いなー、とか思ってみ
たりする私。焼きたてだったりすると、熱いん
だけど美味しいよね。

そういや、イタリアの人って、お母さんの味を
大事にするって聞いたことがあるような(*^-^*)
うん、お母さんの味って良いよね。

Sarah, Plain and Tall

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)

この本も何度か借りては返して、を繰り返していた本でした。今回、やっと何とか読めて嬉しいです。何か取り立てて大きな事件というのは起こりませんが、読んでホッとする話でした。エトワールさん、あきさんがオススメしていた本でしたよね。

それでも、はるばる海のある地方から草原のある地方へやってきたSarahは、きっと故郷が恋しかったでしょう。それに、AnnaとCalebだってSarahが自分たちと一緒にいてくれるかどうかが心配だったでしょう。そんな気持ちが、物語のあちこちに散りばめられていたように感じました。

ところで、この話は前に邦訳版を図書館で見かけてそのまま読んではいたのですが、殆ど忘れた頃に読んだので解らない箇所もあることにはあるんです。でも、なんか「そんなの関係ない」って思えた作品でした。

語数:8,251w,YL:3.5

おやつはチロル

これは、旦那が持ち帰ってきてくれた「ポンジュース」です。
ポンジュースとチョコって合うのかな?って思っていたので
すけど、意外に合うのですね。中のゼリーが、美味しい作
用を果たしてるのかな(*^-^*)


これは先日購入した、「塩バニラ」です。ホイップバニラチョ
コの中に塩が混ざっていて、それがチョコの甘みを強調して
いるような感じで美味しかったです。


写真は少しボケちゃったのですが、頂きもののチロルです。
「祝入学」って書いてあります。チロルチョコのサイトによる
と、これは桜もちをイメージしている商品だそうです。
実際、食べてみたら桜もちみたいな感じがして美味しかっ
たです♪

ありがとう。

アッホ夫婦

アッホ夫婦—ロアルド・ダールコレクション (9)

アッホ夫婦、笑えます!しかし、始めの方の描写は醜さを強調しているので、子供はともかく大人だと引いちゃうかもしれないですね。訳者の方が「おもしろいけど、こわい」と書いていたけれど、確かにそんな気分です。しかも、アッホ氏の醜さときたら!実際にいる毛むくじゃらの人は、アッホ氏みたいなことにはならないでしょうけれど、彼の場合は極めて酷いのですから。

そんな彼とアッホ夫人のやりとりも、「おもしろいけど、こわい」ものだったりします。例えば、スパゲッティの中に何か食べ物ではないものを混ぜてしまう話とか(笑)それは、普通に考えたら「食べられないでしょ、それ!」とツッコミたくなるものですけど、入れちゃうんです。こわいです。

でも、主人公がそんなだからか、却ってその間抜けぶりが可笑しくみえました。

Pocahontas

Pocahontas: Level 1 (Bookworms Series)

何度か借りては読めずにそのまま返却・・・を繰り返していましたが、今回やっと全部読めました。ポカホンタスの話です。ディズニー映画で有名だそうですが、実は観たことないので知りませんでした。

彼女は若くして亡くなってしまいますが、その人生は平穏に済むものではなかったようです。でも、きっとアメリカの人々は、彼女のことを忘れないのでしょうね。彼女本人が本当に幸せだったのかどうか、そこは分からないけれども。

ただ、きっと彼女を愛していたであろう John Smith が、自分の本当の気持ちになかなか気付けなかったのが心残りだったのはないかと想像してしまいました。この人、生涯結婚しなかったようですから。

語数:5,282w,YL:2

話(BlogPet)

きょうあゆむがあやぱんだと話しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「あゆむ」が書きました。

目頭が熱くなってしまう曲

(はてなの日記で書いたのと殆ど一緒の内容になってしまったかも)

ちょっと、はてなハイクを見てみようと思ってあれこれ見たら
こんな音楽クリップが貼られていました。



それは、四川大地震で親を亡くした子供の視点で歌われて
いる曲でした。私は、この映像をしっかりとは見ることが出来
ませんでした。が、おそらく「パパ、ママ、また会おうね」って
言う意味の歌詞なんだと思います。

これを聴いて、涙してしまいました。


地震の被害に遭われた方々の心が癒されるときが来れば
いいな、と願っています。

チロルチョコ!

先月、よしべえさんの日記でチロルチョコの話題があったのですが
こんなに早く誘惑に負けるとは思わなかったですー。

とは言うものの、コンビニで買ったわけではないので、ポンジュースを
使った商品ではなく以前から気になっていた「塩バニラ」です。

さて、いつ食べようかな?(まだ食べてないのです~)

ごんぎつね

ごんぎつね (洋販ラダーシリーズ)

久し振りに英語多読な話を書くような気が(^^ゞ

洋販ラダーシリーズで出ている、『ごんぎつね』です。まあ、元々の話は子供の頃に読んでいますから英訳されていても別に困らないだろうと思っていました。実際、本の終わりの方にあるワードリストは全く参考にしないで読めてしまいましたので、私には読みやすかったのだと思います。

これは有名な童話ですので敢えて話の筋を書く必要はないですが、ごんが自分がやった悪戯に対して後悔するところは、しっかり読みたくなるかも。ある程度飛ばして読んでも分かるんですけど、ここは話の中でも重要な部分だと思いますので。多読を始めたばかりの方だったら、たぶん、そうなるかな。

語数:1,770w,YL:1

したかみ村の牧師さん

したかみ村の牧師さん—ロアルド・ダールコレクション(19)

若いノリス牧師がモツレジター村の教会に初めて赴任した時のこと、彼は凄く緊張して、とある病気が出てしまいます。それは、村の皆を驚かせるには充分なことでした。何てったって、彼の口から出てくる言葉が、とんでもないことになっていたのですから!

もう、短い話なんだけど面白くて良いです。その病気は実際にある病気なのですが、著者のダールさんはそれを愉快な話にしてしまったのだから凄いです。原書タイトルは、"The Vicar of Nibbleswicke"です。

ノリス牧師は原書でどう発言しているのか、読んでみるのが楽しみだったりします。

関東も梅雨入り☆

このニュースは、チーム森田の”天気で斬る!!”の記事、
関東~近畿梅雨入り」で知りました。

ほおお、今年は早い梅雨入りですのう。ああ、それで旦那の
調子がイマイチだったんだ(笑)成る程ね。合点がいったよ。

しかし、これからの時期は洗濯は部屋干しか~。むぅ~。

インターネット用語 語源で納得!

インターネット用語 語源で納得!―インターネットと英語に強くなる本

これは、インターネット用語を「語源」を中心にスポットをあて、本来の意味や本質・しくみ・エピソード・裏話などを読み物風にした内容の本です。なので、読みやすい用語の本ではありました。

が、この本が発行されたのは2001年のことですので、既に古い情報になったものも中にはあります。そういうことを踏まえて読むと、昨今の情報技術の進歩がどのくらい速かったかが分かるかと思います。

知っているつもりの言葉でも、語源を一度みてみると案外興味深かったりするかもしれませんよ。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »