時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

よいお年を!

今年も、もう残り僅かとなりました。皆さまにとって今年は
どんな年になったでしょうか。良い年になった方もそうでは
なかったと仰る方も、来年は今より良いことが多く起きると
良いなと願っています。

まあ、私にとっては今年は特にあちこち出掛けた年になり
旦那の巻き込みにまんまと巻き込まれた年でもありました
が概ね元気に過ごせて良かったです。来年も夫婦揃って、
元気に過ごせたら良いなと考えています。

さて、それでは来年もまた宜しくお願い致しますm(__)m
皆さまも、どうぞよいお年をお迎えください。

関口知宏の中国鉄道大紀行

関口知宏の中国鉄道大紀行 1―最長片道ルート36、000kmをゆく (1)春の旅 ラサ~桂林

関口知宏の中国鉄道大紀行〈2〉最長片道ルート36,000kmをゆく“春の旅”桂林~西安

関口知宏の中国鉄道大紀行〈3〉最長片道ルート36,000kmをゆく―秋の旅 西安~瀋陽

関口知宏の中国鉄道大紀行〈4〉最長片道ルート36,000kmをゆく(秋の旅)瀋陽~カシュガル


このシリーズ、とても興味深く楽しく読めました(*^-^*)読み終えた日が全然違いますが、1つのシリーズとしての感想を書いてみたいと思い、まとめて載せてみました。

著者は「春の旅」の始めに、「中国に行きたいと思ったことはなかった」とも「特別に憧れているものもない」と書いていました。それでも、不思議な縁で行くことになりました。彼は、22歳の頃に夢でこんな言葉を聞いたそうです。”yīgerén de xīn shēng”(中国語の漢字に直すと、「一个人的新生」または「一个人的心声」になります)という言葉です。これを思い出した著者は自分の直感を信じて、この仕事のオファーを受けたそうです。「安心材料は特にあるわけではない、けれど安心して旅に出ることが出来る」ちょっと矛盾してはいますが、それが関口さんにとっての直感であり真実だったのでしょう。恐らくテレビ放映された番組では、旅の一部だけが切り取られていたのだろうと思います(番組は残念ながら殆ど見てませんが)。

で、結果から言えばこの旅は実りの多い旅だったようです。中国という国に対して抱いていた思い込みを零にしていく旅・関口知宏という「一個人」の旅・「異郷有悟」の旅でした。「異郷にありて我を知る」それは、何も中国旅行でなくとも、誰もが感じることかもしれません。

私個人としては、中国へはここ何年か訪れる機会があり、共感できるところもあった本たちでした。「終着駅はまた、次の旅の始発駅でもある」とどこかで書かれていましたが、まさにその通りです。かつ、決して「前の旅の続きではない」ことは、自分の経験からも理解できるような気がしました。

良いことだけを追う旅なんて有り得ないし、悪いことばかり見る旅というものもありません。真実は、いつもそこにありますが、それを受け取る人の心が良くも悪くも感じるのです。それは忘れてはいけない、そう思いました。

難読漢字タイピング

@niftyゲームに、こんなのがあったよ。


難読漢字タイピング
http://game.nifty.com/cs/catalog/game_freetitle/free2/catalog_mar00005_1.htm


このゲームは、漢字の「読み」がクイズ形式に出される
ので楽しんで出来ますよー。でも、読めないと悔しくなっ
ちゃうのよね。

遊ぶときには難読漢字が結構あるので、お気を付けて♪

やっと読み終えた

1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午後編〈2008年版〉

 

午後問対策のテキストとして購入したものの、あまりにのんびり読んだので、1週間以上掛って読み終えました(^-^;;;(北京で読んでいたのは、実はこの本)

これだけのんびり読むことになるんだったら、線を引きながら読んだ方が良かったかな。でも、今年中に1回は読み切れたので良かったと思います。2回目は、線を引きつつ読むことにします。

少しでも理解を深められるように、何度か読みます。

どこでも勉強会は意外にラクだ

列車の中、鉄道博物館などでテキストを読むスタイルは
実を言うと私本人はたいしたことではないと思っている。

だって、少なくとも列車の中なら他の人も読書したり何だ
りしてるしね。ただ状況によって、両手が塞がっていると
きは無理なときもあるけど。余裕さえあれば、立っている
場所で本を読むのは可能だ。

そんな私だけど、場所を選ばずテキストを読むようになっ
たのは割と最近のことだ・・・と思う。自分でもあんまり気
にしてないので、実際の処よく分からないが。まあ、自分
が気にならない程度だったら外の方が集中出来るという
部分があるから出来ることなのかもしれない。

とは言うものの、外出先で落ち着いて本に載ってる問題
を解くのだったらファストフード店やファミレスへ行った方
が良いよなーと思っちゃうんだけどね。

かめちと試験

今日、かめちが遊びに来てくれた(*^-^*)
どうやら、試験が好きみたい♪

ゆきも勉強が好きみたいだから、一緒に
何か試験を受けるのかな?

ちょっと楽しい野望★

すごい目標ジェネレータ(BlogPet)

ねこママの「すごい目標ジェネレータ」のまねしてかいてみるね

http://bizapp.itmedia.co.jp/goal/app/app/やま...

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

すごい目標ジェネレータ

http://bizapp.itmedia.co.jp/app/goal/

やまさんの日記で紹介されていたので、真似して
目標を作ってみました(*^-^*)

入力したのは、来春最後の試験となる初級シスアド
と受検してみたいと思っている漢字検定準1級です。

業界震撼! 初級シスアド
これで人生が変わった! 漢字検定準1級


・・・漢字検定で人生が変わるんだゞ( ̄ー ̄ )おいおい
これは、ちょっと凄いですね。

夫唱婦随

ウチは、自然に夫唱婦随な夫婦になっているような
気がするなあ。何せ大抵の場合、旦那が言い出しっ
ぺになってるからねぇ。

でも、それで何とかなってるから良いかな?こんな
ことでも家庭が平和だからね。

クリスマス・イヴ (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ クリスマス・イヴ
「今日はクリスマス・イヴ。今日は誰と何をして過ごしますか?」

キリスト教徒ではない我が家には、クリスマス
などというものはありません(キッパリ!)。
ま、そんなもんが無くとも普通に生活していけ
ますからね(爆)

それに平日の夜にケーキを食べるとなると、夕
飯の時間が遅めな我が家ではメタボの心配をし
なければならなくなります。それは、出来れば
避けたいですから。(20代~30代前半の頃は、
あまり心配しなかったけどね)

まあ、そんな訳で旦那と平常運転な夜を過ごす
予定になっております。

褒められているのか?!

今日、旦那から「あちこちに燃料をくべているよね。
それって、一種の才能だよ」と言われた。

えっと、これは褒められているのだろうか?

春期試験の日程

今朝、「もう試験までの日程は出てるかな?」と思い
試験センターのサイトを見たら出ていました。この情
報、16日には更新されていたようなので、見逃してた
かもしれない?

http://www.jitec.jp/1_02annai/h21haru_exam.html

それによると、試験日は来年の4月19日(日)で、願書
受付期間は1月13日(火)10時 ~ 2月18日(水)20時
だそう(一部の区分で受付終了期間が異なる)。

私にとっては、今回が最後の初級シスアド。絶対受験
するぞ~( ̄ー ̄)

巻き込んだり、巻き込まれたり

例の野望なんだけど、これは旦那の野望でもあるので
お互いに巻き込み合ってる気がするが、私だけは間違
いなく巻き込まれているだけだと思う。

それにしても、まあ次々と野望の種に花が咲く2人だな
と感心しきりである。このぶんでは、「人生に退屈する等
ということとは無縁の人生」を過ごしてるのではないかと
羨ましく思えたりして。

ホント、どんだけ野望を生み続けるんだか気になるよね。

うひひ♪

昨夜、寝る前に気になっていたDVD「赤壁」と「WALL・E/
ウォーリー」を注文しちゃいました!

届くのが楽しみ~。

やっぱり、そうきたか

昨日、半分は冗談の積もりで書いた鉄博勉強会ですが
本当に鉄道な勉強会になってました(^^ゞ

でも、ご一緒して下さった方にも楽しんで頂けたみたい
でしたので、まずは良かったです♪私自身は途中から
合流だったのですけど、皆で喋ったり展示物を見て回っ
たりするのは楽しかったです。

それから東京での忘年会に参加し、とある野望に巻き
込まれることに!(これについてはGREEで書いてます)

はたして、その野望は実行されるのでしょうか?

映画館も仕事した(BlogPet)

きのうねこママの、映画館も仕事した。

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

明日は勉強会

明日は、ちょっと久し振りの東京勉強会があります(*^-^*)
が、きっと途中参加になってしまうかもー。

何故って、その前に鉄博に行くから(笑)何やら、鉄道勉
強会にでもなってしまいそうな雰囲気では、あるんだな。
これが(^^ゞ

はてさて、実際はどうなることやら。

GREE落ちてる

12:30を回った後くらいにアクセスしようとしたら、全く
入れず。その後暫くしてGREEを見たら、アクセス障害
が起きていて、復旧作業中だというアナウンスが出て
いた。

いやあ、GREEで昼間のアクセス障害って珍しいなぁ。
夜だったら、まあ有りそうだと思っちゃうんだけど。

WALL・E/ウォーリー

この映画も映画館で観るなら、出来れば字幕版で観たい
ものです。が、地元の映画館では吹替版のみの上映なの
で、他へ行くかどうか迷い中(^^

でも、昨日レッドクリフのDVDを見つけたサイトで台湾版の
DVDが出てるのを確認しちゃったんですよねー(笑)ちと、
これにも心が惹かれます♪


In Association with YesAsia.com
(画像をクリックすると、詳細ページに移動します)

レッドクリフ

公開中に映画館へ行けそうもないので、DVDを買おうかな
と考えてます ヾ(=^‥^=)ノニャハハッ!

ただ、香港版DVDなので日本語字幕はありませんが(*^-^*)


In Association with YesAsia.com
(画像をクリックすると、詳細ページに移動します)


(追記)地元映画館のサイトで上映スケジュールを再確認
したら、字幕版の方は夕方の上映のみ続きそうです。

のんびり過ごそう

北京から戻ってきて、山ほどの洗濯物と格闘したら
疲れてしまった気がするので、少しのんびりしよう。

今日で、旦那の襲い夏期休暇は終わりです(笑)

旦那の野望・中国編(BlogPet)

ねこママの「旦那の野望・中国編」のまねしてかいてみるね

取り敢えず、始発電車に乗るために乗るために早...

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

旦那の野望・中国編

取り敢えず、こんなタイトルで良いかな?

今朝は4時起きで、始発電車に乗るために早起きさん
でした(^O^)でも、私は何故か殆ど眠れず(XD)┼─┤
まあ、乗り物で寝られたら寝るかって感じです。いつも
のように、いつものごとく~。

上海に着いてから夜行の時間までは今の処、何をす
るのか決めてませんけど、久し振りに上海市内を散策
できそうなので楽しみです(*^-^*)

旦那の夏期休暇。そして

旦那が、今日から遅めの夏期休暇に入りました(^O^)
まあ、真夏は仕事してましたから良いですよね~(笑)
ってことで、今日は家でのんびりしてます♪

そして、明日から中国に行ってきます(^^ しかも明日は
上海から北京まで夜行列車の旅に!

どんな珍道中になるのやら~(爆)

エイドリアンの鉄分補給♪

お昼頃エイドリアンと遊んだら、鉄分補給しに行きたそう
でした(^O^)

このあたりは、やはり飼い主さんに似てる?

目の前にあったから

図書館へ本を返却したついでに、本を借りてきたんだけど
「これは旦那向きだよなー」と思ったものを借りてきた(^^ゞ


世界途中下車の旅


そして、これを見た旦那が一言。「どうして給油するんだ(笑)」
さあ、何でなんでしょうかね?

だって、目の前にあったからとしか言いようがないんだもの。

Fumikes(フミケス)

昨日、@niftyゲームで見つけたゲームです。
何だか、ついついやってしまいます(^O^)

http://game.nifty.com/cs/catalog/game_freetitle/free2/catalog_sq00005_1.htm

↑リンク貼っておきましたので、良かったら
どうぞ~♪

ひとりの日曜日

旦那が始発の電車に乗って久々の大阪出張だったので、
今日は独りで過ごす日曜になった。まあ、仕事で出掛け
るのだから寂しいとか言っても仕方ないよね。それに明日
帰宅する予定なんだし(^O^)

まあでも、独りで過ごすこと自体は、平日とあまり変わら
ないと思えば何とでもなる。話し相手がないことだけを除
けば、案外呑気なもの。

ただ、普段以上に早起きしたのでボーッとしてたけどね(^^

こしべんでした

今日は、恒例の勉強会でした。勉強会そのものは、先週の
とこべんと同じメンバーが集まり、まったりモードで過ごしま
した(^o^)皆さん、ありがとうございました。

それはそうと、またもや野望な話題がちらほら出てきてます。
しかも誰も止めないので、どんな方向に進むのか、予想がつ
かない状態でした。

さて、どんなことになるのやら(笑)

最後の授業 ぼくの命があるうちに

最後の授業 ぼくの命があるうちに

この「最後の授業」は、今年の7月に宿題メール関係の方の日記(残念ながら、どなただったのかまでは覚えていません)を見てYouTubeで動画を少し見ただけでした。同時に図書館へ予約を入れていた本が、先日やっと回ってきたので読みました。

「最後の講義」そのものは、アメリカの大学で広く行われているそうです。それは大抵、「人生最後の時と分かっているとき、どんな知恵を伝えたいか」という観点から語られるもののようです。でも、ランディの場合は違いました。彼の場合、死を仮定する必要など無かったからです。

そこで、彼は考えます。愛する妻や子供達のために何を残そうかと。それが、「最後の講義」を引き受けることにも繋がったのです。そして、「子供の頃からの夢を本当に実現するために」というタイトルで講義をすることになりました。(講義は、DVD付版の本、または、YouTubeで検索すればご覧になれますよ)


本の内容には凄く惹きつけられて、あっと言う間に読み終えてしまった(お陰で、メモをとろうなんて気分になれなかった!)のですけど、その中でも次の言葉に勇気づけられました。

レンガの壁がそこにあるのは、それを真剣に望んでいない人
たちを止めるためだ。自分以外の人たちを押しとどめるために
ある。

"Brick walls are there for a reason:they let us
prove how badly we want things."

「レンガの壁がそこにあるのは、理由がある。自分が何かをどんなに真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているのだ。」
これが、ランディの考えのようです。そして、それに共感する私がここにいます。

今の私にとっては、これだけでも充分かもしれません。でも、また読みたい本になりました。

かんたん短歌の作り方

かんたん短歌の作り方―マスノ短歌教を信じますの?

まず、短歌入門としては面白い本です。うっかりすると、自分にも歌が詠めそうだと錯覚するくらいに。でも、「かんたん短歌」というものの、どこが「簡単」なんじゃー!と叫びたくなった私。

ま、最近は口語体で短歌を詠むことって特別なことでなくなった感があるけど、それでも五七五七七のリズムに合うものを作るのは簡単ではないです。歌詠みの人達って、きっと相当推敲してるんだろうなと思います。ただ、定型詩というものは、上手くはまると本当に良いものが生まれるんですよね。そこが魅力でもあるんです。それを作り続けられる人って、凄いなと思います。


ちなみに、著者は「かんたん短歌」の作り方をこう定義しています。

ア.あくまでも五七五七七で!
イ.いつもの言葉遣いで!
ウ.嘘をついてでも面白く!

それぞれに対する説明は本を手にとって読んでいただいた方が、私がここで概要を書くより良いと思います。何より、軽い文体であるにも関わらずキッチリ読ませる中身なので、自分が感じるままに読んだ方が良いかもしれません。それで、試しに作ってみようかと思うならば、作れば良いのではないでしょうか。

あたしンち 14巻

あたしンち 14巻

この本を見つけたのは先月だったのですが、その時には買わずに今月になってから購入しました(^O^)

で、すぐ読み終わってしまったのでした(笑)相変わらず、みかんは岩木くんへ片思い中ですし、家族それぞれがマイペースで生きてますね。特に、お母さんのペースには誰もついていけないのではないか?そんなことを感じつつ、つい笑ってしまいます(^o^)

おもしろい?

今朝のinfini&ゆきの会話です(^O^)

それにしても、キミたち。かみ合ってないよ?
まあ、そこが面白かったから良いけどね♪

対応(BlogPet)

きのう、プリントされた。
それで勉強したかも。
でも、ねこママと、ニュースっぽい対応したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

ふーん、そうなんだ

Yahoo!ニュースで紹介されていたニュースで、こんなものが。


「裁判員通知来た」ブログで公開相次ぐ…氏名・顔写真も

個人的には「ふーん、そうなんだ」と思うだけの出来事です
が、裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じて
いて、個人が特定できてしまうBlogだと法に違反したと見
なされるのだそうです。

ってことは、SNSなどで日記を書いてる人があったとして、そ
の人が単純に「その日の出来事」として書いたとしても、個
人情報が出ていてはいけないってことになりますね。それは
そうかなと思いますが、匿名のBlogや日記でも、「個人を特
定される記述は避けて書く」くらいは普通でしょ?って気がし
ます。

個人情報保護と言う観点からみれば、「公の場に出さない」の
が自分を守る術としては一番手っ取り早いんじゃないかなと
私は思います。

まあ、それでも「感想を書いてみたい」と言う気持ちそのもの
は理解できるし、「書いちゃおう」という誘惑があったら、私も
負けちゃう気がしますけど。皆さん、どうでしょう?

実際に解いてみた

この記事は、前記事「過去問をプリントアウトしてみた
の続きです。

さっそく、昨夜プリントアウトした午後問題を途中まで解いて
みました(^^どれくらい理解出来てるか、ちょっと不安になって
しまいそうですが、分からなかったら解説見ながら勉強する
つもりでいれば良いかな。

まあ確かに古い問題ではあるのだけど、ここいらでスタート
地点に立ち返ってみても悪くないなという気がしてきました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »