時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

政権交代は過去3度あるが

戦前はともかく、戦後の交代した政権って短命に終わっ
てるんだよねー。これから発足する内閣は、さて、どうな
ることやら。見ものだね。

「選挙で政権交代は過去3回」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news/20090831-OYT1T00194.htm
これを見ていたら、1993年発足の細川内閣を思い出して、
今回成立するであろう鳩山内閣が長命政権になるのかど
うかが別な意味で観察のし甲斐があると思えてきた ̄ー ̄)ニヤ...
(殿は8ヶ月で、やーめた!でしたからね)

それと、鳩山さんネタで面白いものを中国メディアが伝え
ていたのが何とも笑えたね。どこから見つけたのやら。
http://www.peoplechina.com.cn/xinwen/txt/2009-08/31/content_214295.htm

ま、ここ何代かの政権は祖父や父親が首相を務めた人を
首相に担ぎ出しているよね。その流れで言えば、次期首
相は「宇宙人」鳩山さんでしょう。良いか悪いか別にして。


おまけ:内閣総理大臣の一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/内閣総理大臣の一覧


ある意味、今回の民主党圧勝は、博打だろうなあ。

サロン・ド・テ アンジェリーナのモンブラン

本日は国民の義務を果たした後、口福な時間を過ごして
きました(^_^)

写真は、サロン・ド・テ アンジェリーナのモンブランです。
今回は銀座の本店に行ってきました。

E女史のお薦めだけあって、とっても美味しくて幸せ~♪
彼女によると、喫茶店が併設されている場所が2ヶ所し
かないとのことです。が、ケーキショップならば地元に近
い場所にもあるようなので、機会を見つけて寄ってみたい
です(*^-^*)

その後、場所を変えてまったりと、お喋りに興じてました。
スパークも良いけど、たまには人と話をするのも良いです
ね。気心の知れた友人と一緒に、美味しいものを食べて
愉快に話して過ごすというのは、かなり大事なことのよう
に思います。下の写真は、私が夕飯に食べた牛コロッケ
定食です(*^-^*)


今日は、お付合いいただきまして有り難うございました。
また違う機会に、カラオケでスパークしましょーね♪

マナーは守って欲しいです。 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ マナーは守って欲しいです。
「「これだけは許せない」ことは?」

もし、ひとつだけ挙げるんだったら路上駐車の類だね。
アレには殆ど毎日、迷惑を被っている。即効で止めて
頂きたいもんだ。

路駐の車のせいで、道路を渡るのに自分の命の危険
を感じさせられるのは冗談じゃあない。だったら、悪戯
されても文句を言うな!って思ってしまう。勿論、私は
「そんなアホタレなこと、誰がするか」って思うから
しない。ちゃんと、それ相応な場所に止めれば良いこ
となんだから、その辺に置くんじゃないよ。

それが出来ないんだったら、車を運転しないで欲しい。
路駐するアンタのためじゃなく、他人のためだから。

確信犯、多すぎるんだよ。それが、嫌なのさ(_#`゚)=

ペットたちの愉快な発言

今日は、かめちが遊びに来てくれたよ(*^-^*)
2人して笑いあっている絵というのも楽しいね♪


ところで、ゆきは、まるで世界を自分のものに
しようとしているような気がするんだけど??

「世界もらった♪」とか、言いそうで怖い(笑)

キャベツとか生産したの(BlogPet)

ゆきがごんたろうで設置したかった。
だけど、経験するはずだったみたい。
でも、著者みたいなアップするはずだったみたい。
それできのうゆきが、軍曹は感動されたみたい…
それでララで試験するはずだったの。
だけど、キャベツとか生産したの?

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

政権交代なんて

今更あーだこーだ言うのもどうかと思うけれど、政権交代
なんか、してるヒマなんてあるの?って問いたいね。

だいたい、雇用問題なんて待ったなしで、これがどうにか
なってくれないと、子持ちの人は安心して子供を預けて働
けないと思うよ。ただでさえ失業率が高いという報道があ
るくらいなのに、雇用対策・経済対策をどうする積もりでい
るんでしょうかね。このまんまじゃ、アブナイんじゃない?

まあ確かに少子化対策することも大事だとは思うけど、悪
いけどそれは経済が何とかならなきゃ無理だと想像してし
まう。民主党なんか、実質増税の子育て支援
するとか息巻いてくれてるけど、ちょっと待て!と思う。

とは言うものの、現状維持にも漠然とした不安はあるよ。
でもせめて自民党には、小泉内閣の頃に色々壊しすぎて
収拾が付かなくなったのが今の姿なのだから、少なくとも
この落とし前を付けて貰わなくてはいけないと思う。


政権交代は、手段としてはアリだ。でも、万能薬でもない。
旨く使えなければ、毒になるかもしれない。



コネタマ参加中: 政権交代してほしい? ほしくない?

超簡単♪鶏手羽元とキャベツのトマト煮

冷凍庫で暫く寝ていた手羽元と使いかけのカットトマトを
使って何か作れないかなと思い、クックパッドを検索して
そのレシピを参考にして作ってみました。


Cpicon 超簡単♪鶏手羽元とキャベツのトマト煮 by kanpei


でも、その通りには作ってません(⌒o⌒;)

元のレシピにはズッキーニは入っていないけれど、私が
作った方では入れちゃってます(^^ゞそして、コンソメを入
れませんでした。(と言っても、コンソメの方は失念してた
だけなんですが)

まあ、コンソメひとつくらい入っていなくても、美味しかった
から結果オーライですけどね♪

発芽して10日

まだ可愛らしい苗ですが、すくすく育っています(*^-^*)

グリムスを設置後、発芽して10日経ちました♪まだまだ
苗木ですが、大きく育ってくれると良いなー。


グリムス
http://www.gremz.com/

ごんたろう&ゆき

昼間、ごんたろうが遊びに来てくれたよ(*^-^*)
で、こんな会話をしてました♪

みっちゃん、ごんたろうは高校生好きらしいです!

鬱の力

鬱の力 (幻冬舎新書)

この本は、図書館で何気なく手にとって借りたものである。「鬱の力」って、いったい何?そう思ったのが、読むキッカケだった。それに、五木寛之さん・香山リカさんの対談本という形態なら、気楽に読めそうだったのもあったし。

例えば、「恋人に振られちゃったよー」なんて落ち込むことってあるだろう。こんな一時的なものだったら、「鬱な気分」の範疇と捉えても良いと思う。大体の場合、そういうことって暫く続くことだけど、放っておけば勝手に何とでもなることなのだから。しかし下手すると、こんなしょーもないことまで「うつ病」って言わざるを得ない状況があるそうだ。私にとっては、それはびょーきじゃない!って思えるのだが。(これは、ほんの一例)

五木さんも香山さんもそれぞれの立場から、気質や気分としての「鬱」と病気としての「うつ」とは別々に考えた方が良いのではないかと仰る。病気としての「うつ」の経験はないけれども、私は気質や気分としての鬱だったら自分にもあると思うので、もし「誰でもそんな気分になるよ」と言われても納得するだろう。実際に、鬱な気分の時があるのだから。昨今の社会では鬱な気分そのものを否定してしまう風潮があるけれど、そんなにムキになって否定することもないかな・・・ぼんやり思っていたことを言われた気がする。

それと、病気としての「うつ」とは一緒にしてはいけないだろう。でも、香山さんによれば、その基準が曖昧で判断しにくいものらしい。自称「うつ病」の人もいたり、「うつ」であるという判断を下されれば安心するという患者さんもいる中では、判断が難しくなってるのだろうか。実際、現在では重度の統合失調症の患者さんより、「うつ」の患者さんの方が多いんだそうだ。これは、以前だったら、「うつ」と診断されなかった人が「うつ」と診断されることが増えたことが大きいらしい。

その他、諸々の話が出てくるのだけれど、実際の現場を知る人の話を興味深く読めるという点では評価できる本だと思う。


それにしても、「無気力な人は鬱にならない」という五木さんの発言は面白かったなあ。

高校生が感動した「論語」

高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)

著者が教員時代の経験を踏まえて、思い切った意訳を試みているのが新鮮に感じた。これだけ理解しやすい「論語」には、初めて出会ったんじゃないかなと思う。と言うより、従来の訳文が(時代性もあるが)堅苦しくなりすぎて、高校生でなくても敬遠してしまう書物になってしまっていたのではないか。ちょっと大袈裟に喩えてしまったのではあるが、私はそんな風に捉えてしまった。

本書には、生徒の躓く理由が書かれていたのだが、なるほどそうだよねと納得することも。だって、「孔子先生の言葉より偉そうな弟子の言葉って、いったい何様よ!」だろうし、高校生くらいだったら政治抗争や宮廷儀礼の話だなんて興味ないだろうし、「口語訳を読んだくらいじゃ意味分かんない!」じゃカッタルイばかりでしょうから。遠い記憶を辿ってみると、私だって現役の高校生だった頃はあまり向き合えなかったように思える。

この本は図書館で見掛けて借りたのだけれど、買っても良いかなと思った1冊だった。(実際に購入するか否かは別にして、私にとっては時間をおいて再び読んでみたい本であることには変わりない)


子曰わく、賢を見ては斉(ひと)しからんことを思い、不賢を見ては内に自らを省みる。

・・・自分よりすぐれた人を見て、ひがんだりせずに発憤するっていうのは、そう簡単じゃない気がする。そして、自分より劣った人を見て、自分にも同じようなところがないかと見つめ直すことも意外に難しい気もする。素直な目と心で自分を点検出来るようになれると良いなあ、なんて思った。

ハッハッハッ♪

昨夜、ゆきに覚えて貰いました(*^-^*)

ケロロ軍曹に出てくる、あのキャラみたいですが
ちょっとした嫌なことも笑い飛ばしてくれそうな気
がしたので。別のくちぐせでも良かったのでしょ
うけれど。


ゆき、さっそく蒸し暑さを笑い飛ばしてるね♪

蒸し暑かったなあ

今日は曇っていたんだけど、一日中ムシムシしてて
じっとしていても汗をかいていた。そんな中、旦那は
「ねむい~」と殆ど一日布団とお友達に。

私はと言うと、確かに眠くはなったんだけど、旦那が
寝てるし、特に誰とも話もせず楽しくないので少し勉
強をしてた(^^ゞ

明日は、やはり勉強か読書で過ごしてるのかなあ。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法(BlogPet)

ねこママの「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」のまねしてかいてみるね

効率が10倍アップする方法ちょっとだけ読む...

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

ちょっとだけ読むつもりが、つい一気に読んでしまった。確か以前、あきさんが読まれていたような気がするんだけど、とにかくその時に図書館へ予約を入れて借りた本である。私は「特にカツマーではないが、共感できるところも多少はある」くらいの読者だ。

ビジネスをする人なら、知的生産はこれから確実に必要になるのだろうし、そのスキルは持って使わないと意味がないと思う。ビジネスをしていない私でも、知的生産とまではいかないまでも、自分の軸は自分で作っていく必要はある。その意味では、まずまず参考に出来る部分はあったかな。

その参考になった部分で「インプット力をy高める6つの技術」という話があるのだけれど、そのうちの「マスメディア情報を減らし、実体験、他者体験、良書を3大情報源とする」というのには納得した部分があった。特に良書に多く当たることは私も必要かと思うので、これだけは続けようと思う。「マスメディア情報を減らす」というのは、既にテレビ視聴時間がかなり減った生活をしているので、これ自体には何も感じなかった。ただ、私はラジオを良く聴く方なので、これは少し迷うかな。だって、私が主に聴くのはラジオ第2の語学番組だから。(朝のみ、ニュース番組を聴いている)
あと、マインドマップなどの利用も特に今更な気がして、そこは(字は追っていても)読み飛ばしたけど。まあ、でも自分が参考に出来る部分だけ真似るとか納得するのは当然だと思ってるので、別に彼女がそうして成功してきたからといって全部を真似ることはないだろう。そんな風に考えている。

Amazonの書評でも賛否両論あったが、両方の意見が出ること自体は、この本がかなりの人に読まれているのだろうなと想像できて興味深かった。(私にとっては買うまでもなかったので、借りて正解だった)

あやぱんだ&ゆき

今日は、あやぱんだが遊びに来てくれました(*^-^*)
ところで、「情報処理技術」で何を入手するつもりなの
かな?聞けるものだったら、聞いてみたいです(*^-^*)

まあ、何にしても勉強好きなのは変わらないようで♪

試験までのカウントダウン

情報処理技術者試験まで、あと60日だあね~。
気がついたら、もうこんなことに(^^ゞ

そして、私が申し込んでいたアイテックの模試も
狙いすましたように(気のせい?)今日届いたし。
ああ、確実にカウントダウンが始まってるねー。

勉強時間、ちゃんと確保しないと(⌒o⌒;)

進んでみよう

ここ暫く頭から忘れ去っていた簿記のことを思い出し
(今ごろかーい) ふと、地元の商工会議所の申込み
受付日を確認してみて冷汗を出してしまいました。

忘れ去っていたくらいなので、勿論勉強はこれからに
なります。いくら前にやったことがあると言っても、申込
み受付が始まるまでにどこまでやれるか見当が付きま
せん(__;)・・・とは言え、窓口受付が始まる10月までに
は時間が少しはありますので、それに向けてインプット
学習を終わらせることを目標に勉強していこうと思いま
す。

もしそれまでにインプット学習が終わらなかった場合は、
申込みはせず、2月の試験まで勉強をするつもりです。
(でも、出来るだけ最初の設定通り11月検定に間に合
わせたい)

お盆も過ぎたことだし、せっかく涼しいし、やらない理由
もないから、やるっきゃないか ヾ(=^‥^=)ノニャハハッ!

か、かめち??

ごんたろうに続いて、かめちも遊びに来てくれました(*^-^*)

でも、何だか返事が素っ気ないですね。どうしたのかな?
かめち、機嫌が悪かった?

おなかすいた?

今日は、ごんたろうが遊びに来てくれましたー(*^-^*)

2人とも食欲旺盛な叫びに見えるんだけど、その時は
お腹でも空いていたのでしょうか(⌒o⌒;)

しかも、新しいブログパーツの名前を早速叫んでるし。
キミタチ愉快だね♪

世界のエイプリルフール・ジョーク集

世界のエイプリルフール・ジョーク集 (中公新書ラクレ)

図書館から借りた本で笑ったのは、『言いまつがい』シリーズ以来だろうか。久し振りに笑える本に出会った気がする。

この本は、エイプリル・フールの記事がいろいろあるのだけど、新聞社などが本気で騙くらかそうという記事がステキすぎて良い。しかも、海外メディアの記事を読んでいると本当に騙されるんじゃないかと思うくらい、良くできている。こんな風に、ジョークを楽しんでしまう風土というのが日本人のひとりとしては羨ましくもある。

翻って、日本でもエイプリル・フールの記事は作られることは作られるのだが、いかんせん、ジョークをジョークとして受け流せない方々が多いようだ。わざわざ、「エイプリル・フール」と明記しているのだから笑えばいいのに。勿体ない。私だったら楽しみにするんだけどなあ。

それにしても、イギリスのメディアは本当に凄いなと思う。記事のネタが王室の方々から環境対策まで、よくもまあ作れるものだと感心してしまう。私が個人的に好きなのは、「女王陛下の生きがい」かな。記事そのものは実にバカバカしいんだけど、罪のない嘘で笑えて楽しい。

こんなジョークを解せる方だったら、きっとあなたの笑いのツボが刺激されることであろう。もし良かったら、暫しの間、ジョーク記事に騙されてみては如何であろうか。

グリムス、始めてみました

今日、新しく貼り付けたブログパーツです。このサイトの
説明によると、「ブログで苗木を育てる育成ゲーム」なん
だそうです。

だから、記事を毎日書いていくと苗木もすくすく育ってい
くみたいです。前に、はてなダイアリーにいたハーボット
と同じように楽しめるのかな。私自身は特に対外的には
エコ活動をしていませんが、これくらいの気軽なアクショ
ンなら私でも可能かなと思います。

そういや登録した後で説明を見たら、はてなでも貼り付
けることが出来ると知りました。あらら~と思ったけど、
気にしないことにしました(複数のブログを持っている場
合、別に登録すれば貼り付けられますよ)。私の場合は
メインをここにしたので、他に付けることはないでしょう。

ご興味のある方は、下のリンクからどうぞ。


グリムス
http://www.gremz.com/

夫婦の時間

夫婦の時間―あなたが遺してくれたもの (知恵の森文庫)

以前、ブックオフで単行本の方を少しだけ立ち読みしたことがあった。たまたま、この文庫本を図書館で見掛けて借りたのだが、読んでいて切なくなった。(橋田さんの著書をまともに読んだのは、多分これが初めてだと思う)

どんなことでも、失って初めて分かることもあると思う。まして、人生の伴侶であるなら尚更そうだろう。まだ私には想像すらしたくないことだけれど、少なくとも夫婦だけの家族だからこそ我が身に置き換えて考えてしまったかも知れない。それほど、読み始めたら気に掛るエッセイであった。

橋田さんの御主人は、がんで亡くなられたそうだ。しかし、御本人には本当の病名を伝えずに見送ったそうだ。告知をするかしないかってことは、どちらにしても迷うみたいだ。私だったら、どうだろう?やはり、逡巡して言えなくなるのではないだろうか。そんなことを考えてみたり、私自身の不出来なこともやはり考えてしまった。未だに私は時々、「子供のことを自然に任せる」ことを選んで良かったのかどうか、ひとり考えてしまうことがあるからだろうか。心が痛かった。

そういったことも、いつかは何かしらの答が出るのだろうか。私は、納得できるのだろうか。

黒豆ごはん

黒豆をレンジで煎って、あとは豆ご飯を炊く要領で
作りました(*^-^*)

とってもラクチン、そしてウマー♪( ^ 皿 ^ )

ゆき(BlogPet)

きょうゆきは集中したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

stillさんちの 秘伝のたれ レシピ

stillさんちの 秘伝のたれ レシピ (e‐MOOK)

stillさんのBlogと本のことを知ったのは、GREEでの、しろくまさんとのお話の中ででした。その時にすぐ図書館に予約して、先日借りたものです。レシピ本は、実際に自分で作らなくても見るのが好きだったりするので、私にとって気分転換には良いんです。

この本を読んでいると、お腹が空いてくるような気がするんですが、私の気のせいでしょうか。どの料理も、美味しそうに見えるからでしょうか。stillさんのBlogも時々覗かせて貰っているのですが、たまに真似して作ってみようかなって気になります。やはり作るのだったら、まずは秘伝のたれでしょうか(*^-^*)

この本とBlogを教えてくれた、しろくまさんに感謝!もしかしたら、この本を自分でも買ってしまうかも?(紙ベースな方が、好きなときに見られるから)

一点集中力

一点集中力

なぜだかは分からないけれど、このタイトルに惹かれて読みました。でもきっと、何か必然性があったのかもしれません。本が呼んだのか、私が呼んだのか、はたまた、その両方でしょうか。

著者曰く、「一点集中」することが目的ではなく、自分のミッションをかなえて「幸せになるための手段」が一点集中力なのだそうです。この一点に集中するためには、ここぞという時に力を発揮するため、他の余計なことは一切捨て置く必要があります。そうしないと、そのやるべきことにフォーカスを合わせることが出来ないからです。

そして、集中する力は誰にでもあると説かれています。続かないのは自分の「やるべきこと」が見えていないからで、それを見えやすくするために付箋を利用するなどのテクニックを使うことが有効です。あと、不安になった場合は、「何故不安なのか」を書き出していくと良いそうです。(まあ、こういう話は他の本でも見掛けますね)


「集中できない」というときには、まず目の前の小さなことの集中から始めよ。
どんな試練も、その人の大きさに見合ったものしかやってこない。
仕事でも勉強でも、一途に集中して取り組んでいくと、殻が破られ、見える世界が広がっていく。

今朝は驚いた

6時前に起きて、台風のことが気になってラジオをつけたら
台風じゃなく大地震の報道をしていてビックリ!ずいぶん
広範囲で揺れていたのですね。

ちょうどその地震があった頃、まだ横になっていましたので
何とも言いようのない気分になりました。(その地震の前に
いちど起きてはいたのですけど)

先に起きていた旦那に聞いたら、横揺れが長かったと言っ
てました。やはり、遠くで大きな地震があったからですよね。

あとは、台風の影響がどう出るかが気になるところです。

ピクトさんの本

ピクトさんの本

先日、うっしーさんの日記で紹介されていて気になったので図書館から借りてきました。ピクトグラムの写真集なんですが、沢山のピクトさんの行動が笑いのツボを刺激してくれました。ピクトさん、世界中で働いているのね。日本国内だけじゃなく、メキシコでも中国でもイギリスでもいろんなアクションを起こしています。

それにしても、頭打ち系なピクトさん・つまずき系のピクトさんに親近感を覚えてしまうのは何故でしょうか。私本人が、かなりの粗忽者だからでしょうか。でも、こうやって書籍という形で見せられると、つい笑ってしまいますが。

そうそう、この本を見たついでに「ピクトグラム」でググると結構楽しめますよ。丁度良い気分転換になること、間違いないと思います。

お願いごとは神様に預ける

正直言って、自助努力さえすれば何とかなるようなことを
私は「お願いごと」なんて言うつもりは全く無い。ましてや、
それを他の誰かに言うだなんて無駄だと感じている。

まあ神頼みでも良いのならば、自分で神社にでも行って
お参りした方がよっぽど気分が楽なんじゃないか。そんな
気がする。そこでこっそり、お願いごとを聞いてもらう方が
良いな。

それで、自分で乗り越えられるようなことなら、聞いて貰っ
たことでスッキリするからね。そうではないことでも、神様
に預けてしまうことで気持ちも変わる部分があるだろうか
ら、やはり聞いて貰うだろう。

私の場合、いずれにしろ神様に預ける方が気楽だな。

鉄博勉強会してきました♪

今日は午後から鉄博に行き、フレンドリートレイン内で
昼食を摂った後、勉強していました(^^ゞ

私は、ITパスポート予想問題集の問題を解いていました。
JYOTATSUの日記に書いたように、4部~6部まで一気に
進み、小問形式の問題を半分ほど終了させました。あと
は、第7部~第9部を片付け、中問形式の問題をやれば、
1巡します。

でも、今までに見たことのない用語や理解していない概念
があるので、総まとめ本とテキストで確認しておかなくては。

勉強そのものは18時までやってて、その後はミニ運転列車
に乗ったり、模型鉄道ジオラマを見たりして過ごしました。

さいたま市は雨が弱く降っただけでしたが、地元に戻ったら
雨が沢山降った跡が見えました。

やる気くれるの?

「やる気あげようか?」今朝、ゆきが放っていました。
ゆき、どうしても教育ペットになるんだね?(*^-^*)

やる気をくれるというのなら、有り難く貰うよ。


痛快!歴史人物

痛快!歴史人物―彼らは天使か、悪魔か

この本は、落語の高座ふうに話が進んでいくのが変わってて面白かった。学生時代に歴史が嫌いだった人でも読めるんじゃないかな。と言っても私は学生の頃から、暗記中心の勉強なんかしてなかったけどね。

そりゃそうでしょ、歴史的な出来事とその年号だけ覚えて面白い訳がない。せめて、その時代の背景なり関わった人物の情報なりがないと無味乾燥で面白くも何ともないでしょ?私の周りにも歴史は好きじゃなかったという人はいるけど、多分、これが原因だと思う。歴史は、人間が作ってきたことの記録であるのだから、そこに人間を感じることなく暗記のみやってたら嫌になって当然だと思うからだ。(但し、試験勉強は暗記が求められるので、自分の興味とは別と割り切って勉強せざるを得ないだろう)

歴史への興味の持ち方は人それぞれだと思うけれども、私の場合はこういう人物伝から入ることが多い。誰かひとりの伝記でも良いし、この本のように複数の人物紹介風の話でも良い。或いは、漫画でも良い。何か興味を惹くことがあればそこからアプローチすることが、結局は好奇心を刺激して良い結果を生むことになる。学生の受験対策にはならないかもしれないが、勉強の入り口にはなると思う。

・・・とは言ってみたものの、この本に関して言えば、気楽に読みたいだけ読むのが良いのかもしれない。

大人見学しなかった(BlogPet)

ゆきは、大人見学しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ゆき」が書きました。

何とかなるものさ

先週くらいまで、やる気のかけらも出ないと思ってた
ITパスポートの勉強なんだけど、今週から何とか問
題集に手を付け進めている。

うん、「案ずるより産むが易し」だね。あとは、試験日
まで勉強を続けられるようにするだけかな。

\(*⌒0⌒)bがんばっ♪

銀河鉄道999

前に、はてなダイアリーで書いた気がしますが、その
999のパスが来ました(*^-^*)

これに自分の名前を書けば、999に乗ってアンドロメダ
へ行けるらしいよ。

都道府県パズル

やってみたら面白かったので、URLをメモっておきます。

http://earth.endless.ne.jp/users/yoshi216/tizu-top.htm

このパズルの難関タイプにあたる、ジグソーバージョン
結構ハマりますよ( ^ 皿 ^ )

ささ、お試しあれ。

大人のためのフィンランド式勉強法

大人のためのフィンランド式勉強法

地元の図書館で見掛けて、何となく借りて来ちゃった本。

マインドマップを知らなかったら、「凄い!」と感心したかもしれない。けれど、マインドマップの概念を少しでも知っていれば、腑に落ちる話だと思う。これはこれで、ユニークだと思う。この本で言われている「カルタ」は、マインドマップと同様に自分の思考を拡げていったり、考えや勉強のまとめに使うことが出来るツールだ。

とは言うものの、この本はhow toというより理論を語っている感じがしたので、how toを知りたければ別の本を当たった方が良いだろう。勿論、マインドマップを多少なりとも御存じの方ならば、理論だけでも良いかなとは思うが。

私が受けた感じなのだが、マインドマップにしてもフィンランドで使うカルタも概念としては同じものではないか。そんな気がした。と同時に、こうやって発想力を鍛えていって論理的に考え話す力を身につけていくのが、西欧の人にとっては当たり前のことなのかもしれないとも思った。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »