時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

殿といっしょ 3

殿といっしょ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

( Amazon の紹介文より)

大人気戦国4コマ最新刊! 超お説教キャラ・直江兼続の容赦ないダメ出しに、上杉謙信も徳川家康もくじけそう! 第3巻も、放火マニア織田信長や眼帯マニア伊達政宗、お笑いマニア豊臣秀吉ら、くせもの戦国武将は健在、どころかさらにマニア度が濃くなってます! そんな主君にツッコミ疲れる家臣たちの乱世はまだまだ続く!

===★===★===★===★===★===


おお、あの小松殿がデレたー!3巻にして、デレが来る展開になるとは。真田家、またまた面白くなっていくのかな?ま、色々と辛抱しなきゃいけない人もいるけど。でも、女の子っぽい元親&萌えてる家臣達が今回出てこなかったのは、ちと寂しい気もする。愛の人(直江兼続)は、なんか段々ウザさに磨きが掛かってきたような。景勝、謙信がんばれ( ̄o ̄)え? あと、今川義元の不憫具合に拍車が掛かってる!

あと、新キャラに北条家(後北条氏)と蒲生氏郷が加わっている。小田原城がいくら堅牢な造りとは言え、あれが飛ぶとか思えないんだけどさー(飛んだら怖いじゃないか)。あの父親では、家臣達も困るだろうなあ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

殿といっしょ 2

殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

( Amazon の紹介文より)

【危険!!】本書はアナタの戦国武将観に影響をおよぼすおそれがあります!! 織田信長は放火マニア、伊達政宗は眼帯マニア、豊臣秀吉はお笑いマニアで、徳川家康は我慢マニア。直江兼続はダメ出しマニアだし、島津一族はヒーロー戦隊マニア。浅井長政は信長恐怖症マニアで、朝倉義景は昼寝マニア…ってマトモな人物一人もいねえ!! ダメな戦国大名と、そんな主君にツッコミ疲れる家臣たちの乱世は終わらない!

===★===★===★===★===★===


どんどん変なノリになっていく殿たち、つられておかしくなっていく家臣たち。真田家長男の立ち位置が何ともオイシイんだけどー(^-^; もう笑いが止まらない!コイツら、どこまで突き進む?

もうね、この巻でウケたのは長宗我部国親・元親父子とその家臣たち。女の子のような若殿(元親)に萌える家臣たちがおかしいし、そんな息子に頭を抱える父(国親)の描写がまた可笑しい。これは、どうしたら良いんだ?それに、島津家の4兄弟と大友宗麟も何か楽しそう。でも、信長の家臣のこわれっぷりも負けてない。あああ、デフォルメ過多で面白すぎる。次の巻を読むのがが楽しみ!

ところで、あの「愛」の人がダメ出しばっかりしてるんだけど。それで良いのか、上杉景勝!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

殿といっしょ 1

殿といっしょ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

( Amazon の紹介文より)

コミック戦国マガジン→コミックフラッパーと掲載誌2誌で読者人気No.1の戦国武将4コマ、コミックス第1巻!! 放火マニアな織田信長、お笑いの才能を武器に天下を目指す豊臣秀吉、我慢フェチの徳川家康、ヘンテコ眼帯発明マニア・伊達政宗、史上最ダメ軍師・山本勘助etc……。司馬遼太郎や大河ドラマが営々と築き上げた日本人の戦国武将観をぶっ壊す!! 大河ドラマや歴史ゲームの副読本にピッタリ!! 意外なウンチクも豊富で戦国時代初心者からアマチュア史家まで楽しめる1冊です!!

===★===★===★===★===★===


渡る世間は殿ばかり。いやはや、楽しすぎて困ったもんですなあ。表紙の4コマ漫画だけ見ても、眼帯フェチの伊達政宗だし、今川義元はちょっと不憫なオヤジさんだし。この先、どんな風に描かれているのか楽しみである。しかし、意外に今川氏真が感覚の鋭い人扱いされてるのがまた楽しかった(o^∇^o)ノ

それにしても、私が戦国時代ネタの漫画として読んでるシリーズものは、この「殿といっしょ」にしろ、「信長の忍び」にしろ、資料があるとは言え面白く描けるって凄いなあって思う。(ま、女性に関しては資料が少ないとは思うけれどね)・・・小松殿、鬼嫁として描かれてるけど実際はどうだったんだろう?がんばれー、真田信幸。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

信長の忍び 2

信長の忍び 2 (ジェッツコミックス)


明智光秀登場!しかも、ツッコミ役って(爆)どんだけボケ役が多いの?とは言え、4コマギャグで描くとツッコミ必要だよね。この巻では、お市の結婚があったり、足利義昭を奉じて京に上ったりしているが、まだまだ信長の力が及ばない場所はあるようだ。(って、試験勉強の合間に読んでたのがこれって(^◇^;) )

でも、まっ、いっかー。面白かったし ( ̄o ̄)え?



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »