時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ご苦労様

我が家で10年来使ってきたコーヒーメーカーが、どうやら壊れた
模様。

もう散々使い倒したし、流石に水漏れを起すようになってしまっ
たので、そろそろ使用を止めて捨てようかと思う。

今まで美味しいコーヒーを飲ませてくれて、ありがとう。そして、
お疲れさま。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

生き抜くための数学入門

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

( Amazon の紹介文より)
ヘンなことばっかのこの世界で、しゃきっと立っていたい。だったら、数学だ。根本から問いなおす。クリアに整理する。ねばって方法を探し出す。真っ向からの数学体験は、人生というバトルフィールドを行く君の力に、きっとなるから。公式丸暗記でやりすごし、試験が終わればさようなら…なんて、もったいない。
===★===★===★===★===★===


さらっと読める割に、「考えさせる本」という印象が残った。このシリーズの読者層は中高生くらいかと思うのだけど、こいつは結構手強いかもしれない。でも、最後まで興味深く読める本でもある。

数学は、ただ何かを計算するだけの道具ではなくて、物事を論理的に考える方法でもある。でも、そういう話って、自分の学生時代に出会った記憶が殆ど無い。また、自分でも気付かないまま大人になってしまった。そんな大人が読んでも、全く違和感はないんじゃないかと思える本であった。

それはそうと、この本の中で私が一番面白いなと思ったのは、「自然数を人間は完全に理解することは出来ない」という話だった。自然数の中には、それこそ色んな数があるから、それらの性質を全部知りたいと思っても無理らしい。まあ、数直線そのものも不思議すぎて面白かったけど(o^∇^o)ノ (あんまり分かっていない部分もあるとは自覚してるが、それでも面白かったので)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

たけしの最新科学教室

たけしの最新科学教室 (新潮文庫)

( Amazon の紹介文より)
数学大好き、工学部中退の理系人間たけしが、今度は科学の最先端に挑む!意思を持つロボットを作ることは可能?宇宙の果ては意外なところに。浮気を抑える遺伝子があるってホント?蒙古襲来時の神風の正体とは…天文学、遺伝学、気象学、環境学など、各界の「達人」がたけしの疑問にわかりやすく答える、面白くてタメになる最新科学入門。
===★===★===★===★===★===


読んでいて楽しかった。ビートたけしと何人かの科学者との対談が本になったものなんだけれど、全くお堅い話という感じにならず興味深く読ませて貰った気がする。「天気が歴史をも左右していた」話とか、「宇宙の先端」の話とか。宇宙の先端が「ここ」っていきなり言われても驚くかもしれない。でも、「我々が望遠鏡を使って見ることが出来るのは、常に過去」だという話を聴けば納得するような。その辺りが非常に興味深く、楽しかった。

天気と歴史の件といえば、「冬将軍」の話が楽しかった。ちなみにこれ、ナポレオンがロシア遠征した時の戦いに負けたことから・・・っていう説もあったんだけど、ロシア語にそんな言葉はない。しかも、ナポレオンが戦いに負けたのって、冬じゃないし。ただ、その年の冬は非常に寒かったのだけは確かだったようだ。これひとつとっても、なかなか興味深かい。更にその当時、日本では隅田川や淀川が凍ったという記録がある程だから(江戸時代の後半は、結構寒かったらしい)

他にも、子供の頃に言われていたことが研究が進んで「実はなんか違うかも」ってな話がちらほら。楽しめる科学の本だった。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »