時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 和菓子のアン | トップページ | 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 »

下町ロケット

下町ロケット

( Amazon の紹介文より)
その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!
かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。
下請けいじめ、資金繰り難――。
ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。
相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。
否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。
そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。
会社は小さくても技術は負けない――。
モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの矜恃と卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。
さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る駆け引きの中で、佃が見出したものは――?
夢と現実。社員と家族。かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、そして男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。
===★===★===★===★===★===


この本、単行本だし厚みから考えて「読了まで時間が掛かるかな?」と思っていたが、予想を思いっきり外して、あっという間に読み終えてしまった(^-^;;;池井戸 潤さんの本を読んだのは、これが初めて。私にとっては話のテンポが良く、面白い作品だったように思う。

主人公の夢が、やがて会社の従業員たちと分かち合える夢に育ち、そしてそれを叶えるという大まかな流れのなかで、数々の試練にぶつかり乗り越えてゆくストーリーは、人に希望を与えるに充分なものだと思う。勿論、人間誰しも聖人君子ではないから、褒められることばかりではないけど。嫉妬やら悪意やら・・・なんて、生きてりゃ誰でも1度は持ってしまうだろうと思う。あと、大企業の傲慢さとか普通にありそうだ。(恐らくモデルになりそうな話が下敷きにあるのかもね)

挫折を経験した人の「夢への挑戦」は、そう簡単なことじゃない。まして、研究者だった人が町工場のオヤジという立場になってみたら、相当の壁があるんじゃないか?そうも考えたが、事業主本人の個人的な夢から、会社従業員たちと共有できる夢・目標にしていく時点で彼の成長がなかったら、その夢は夢で終わっていたのかもしれないとも思えた。まあ、いくつになっても人間的成長というやつは出来るらしい。主人公を追っていると、そんな気がしてくる。


そんな主人公、佃 航平のこの台詞が心に残った。彼もまた、夢と生活とを天秤にかけて悩んだひとりだったのだ。

「仕事っていうのは、二階建ての家みたいなもんだと思う。一階部分は、飯を食うためだ。必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。だけど、それだけじゃあ窮屈だ。だから、仕事には夢がなきゃならないと思う。それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食っていけないし、飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。」


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 和菓子のアン | トップページ | 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204989/53519056

この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット:

« 和菓子のアン | トップページ | 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 »