時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | のぼうの城 上 »

現代語訳 論語

現代語訳 論語 (ちくま新書)

( Amazon の紹介文より)
「学び続けることの中に人生がある」―二千五百年もの間、読み継がれ、多くの人々の「精神の基準」となった古典中の古典を、すっきり読めるかたちで現代語訳。温かく、刺激的で、ときには厳しく、ときにはユーモアが漂う孔子の言葉。本書を開けば、いつでもどこでも、生き生きとした精神に出会うことができるでしょう。つねに手の届くところに置いておきたい一冊。
===★===★===★===★===★===


この本を図書館から借りた動機は、実はTwitterで何故か「論語」で盛り上がったから。その時は深く考えずノリだけで、現代語訳だけ読めれば良いかなー、なんて思って借りてみたのだ。

実は、読む前は全部読めるかどうか自信はなかったのだけど、本書は意外と読みやすかった気がした。論語と言えば、古典中の古典としても有名で「孔子や門下の弟子たちの言行をまとめたもの」という知識だけはあるものの授業ではその一部しか読むことはなかったので、改めて読んでみると結構、孔子の人間くささが出ていて面白かった。(だって、孔子に冗談を言うイメージを持てなかったんだもーん)

そういや、孔子先生って弟子の顔回がお気に入りだったようで、よく彼を褒めている記述を見掛けるなあ。まあ、恐らく本当に弟子として優秀な人だったのかもしれないけど、本当にべた褒めなのが良く分かった。(顔回は若くして亡くなったらしいから、それもあるかもしれないが)他には、子路に色々と忠告している場面もよく見掛ける。この人は、仕えていた国の内紛に巻き込まれた形で亡くなったそうだが、孔子は多少、予見しているような発言もしている。きっと、気にかけていたのだろうなあ。

しかし、まあ、時系列はバラバラみたいなのに、読んでいると成る程と思うことや身につまされることがあったりして、なかなか侮れないな。次は別の方の本で「論語」を読む予定なので、少し忘れた頃に読もうかと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | のぼうの城 上 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204989/53553800

この記事へのトラックバック一覧です: 現代語訳 論語:

« 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 | トップページ | のぼうの城 上 »