時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 味噌と、おつまみ | トップページ | 桜 せれくしょん »

なのはな: 萩尾望都作品集

なのはな: 萩尾望都作品集 (コミックス単行本)

( Amazon の紹介文より)
3・11の大震災と、それに続く原発事故。
かつてない事態に直面した作者は、ザワザワとした気持ちを抱えながら、フクシマの少女を主人公にした話題作「なのはな」と、放射性物質と人間との関係をシニカルに描いた3部作「プルート夫人」「雨の夜-ウラノス伯爵-」「サロメ20××」を立て続けに発表しました。
今回はそれらに加え、特別描き下ろし「なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』」を収録しました。今を生きる全ての人たちに読んでほしい作品集です。
===★===★===★===★===★===

萩尾望都さんの作品を読んだのは、昔々に読んだ『ポーの一族』以来だ。当時は未だ10代だったと思うので、もう20年以上も前のことになる。が、今回は読書メーターで話題になってたので、敢えて購入して読んでみた。

この作品、読もうと思えば、あっという間に読み終えることは出来る。しかし、考えさせる作品だなと思った。昨年の原発事故が無かったら恐らくは考えもしなかったことだが、私が生まれる前から「原子力=夢のエネルギー」と考えた人もまたそれなりに多かったのだと改めて認識した。それにしても、プルトニウムやウランを擬人化して、彼らが作中で人と語るというアイディアは興味深かった。(とは言うものの、彼らの半減期は本当に長い。その半減期が過ぎた頃、人間を含む生物は地球上に存在しているのだろうか?)

考えても仕方のないことだけれど、うすぼんやりと気になる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 味噌と、おつまみ | トップページ | 桜 せれくしょん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204989/54316475

この記事へのトラックバック一覧です: なのはな: 萩尾望都作品集:

« 味噌と、おつまみ | トップページ | 桜 せれくしょん »