時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

良かったね、おめでとう

その一歩は、小さなものかも知れない

けれど、その一歩を踏み出したことで
またひとつ、叶うこともあるだろう

そして
望んだことがひとつ、叶ったね

また
スタートラインに、立ったんだね

その小さな一歩が、大きな道を作って
いくかもしれないね

そのための、一歩を踏み出したんだよ

おめでとう、そして、これからだね


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

古事記の恋

古事記の恋

( Amazon の紹介文より)
わが国最古の神話伝説を主とした歴史物語から、心に深く響く物語を選び、構成し直し、魅力的な恋の短編として仕立てたものです。大昔の物語でありながら、現代の私たちよりも、むしろ情熱的で、果断、知的でさえある登場人物たちに、拍手を送ってください。
===★===★===★===★===★===


「古事記」は、日本最古の歴史書とされている。その辺りは学生時代に習ってもいるし、今更言うことでもないんだけど、私にとっては「神話」のイメージがある。多分、最初の方に天地開闢の話があるからだろうな。それに、全部は読んだこともないからか。一応、短大生の頃の授業で「古事記」には触れたんだけどねぇ。

この手の本に出てくる話でお決まりなのは、「伊邪那岐と伊邪那美の国産みの話」や「倭建(ヤマトタケル)」、「大国主」で、この本も例外ではない。勿論、テーマが恋愛に関することなので、その部分が中心になるのだが。私は、伊邪那岐と伊邪那美の夫婦の人間くささって結構好き。殊に、黄泉の国に行ってしまった妻を連れ戻しに来た夫が彼女の言ったことを守れなかったために起きた喧嘩のシーンが好き。どちらも、気持ちとしては分かる気がするから。


著者は「古事記」から、恋の話をいくつか取り上げているけれど、私にとって一番印象が強いのは仁徳天皇と石之日売(いわのひめ,万葉集では磐之媛の表記)の夫婦の話かなぁ。特に、石之日売が不器用にしか愛せない女性に見え、そこに自分を重ね合わせてしまうからなんだろうな。まあ流石に彼女ほどの嫉妬心は持ち合わせていないけど、彼女の感情の振れ幅の大きさは何となく想像しちゃうな。同時に、彼女の激しさも。

ちなみに、短大生時代に読んだ万葉集で好きだった歌は偶然、彼女の作った歌だった。


かくばかり 恋いつつあらずは 高山の 磐根し枕きて 死なましものを


やはり、彼女は激しい女だ。私は、そう感じる。


1月に図書館で予約して、回ってきたのが6月…。予約したその時、何を見たのかは忘れたんだけれど、実は物語としての読み物だと思っていた。そうしたら、読んでみたら恋の話を中心にした解説書としての読み物だった。そのせいか、途中で飽きて読み終えるまで時間が掛かってしまった。(最初から解説って分かってたのなら、それなりに読みやすかったし、そのつもりで読んだと思う)



ウィキペディアより:古事記磐之媛命

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

経営者・平清盛の失敗

経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書

( Amazon の紹介文より)
「通貨」が平家を滅ぼした!
日本の歴史上、最大の経済ミステリー「平家滅亡」を解き明かす。
ミリオンセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者が、平家滅亡と通貨政策の因果関係を説く。
「現代ビジネス」「夕刊フジ」の人気連載、待望の書籍化。
===★===★===★===★===★===

歴史の切り口っていうのは、ひとつとは限らない。可能性としては、複数あって良いと思う。学校で教わる歴史の授業だけが、歴史なのではないから。この本の場合、その意味でのキーワードは「経済」だろう。「平清盛と経済」っていうテーマは、私にとっては興味深かかったし、面白かった。なかなか経済史を中心に据えた本って、あんまり読んでないっていう要因もあるんだけどね。

清盛が生きた時代、それまで廃れていた貨幣経済が復活する。これ自体、ちょっと不思議な話ではあったんだけれど、彼は意外な方法で貨幣が流通する仕組みを作り上げていった。それと同時に、平家の人々に莫大な富を与えることになったのだが・・・果たしてそれって彼らにとって幸せなことだったのだろうか?貨幣が持つメリット、デメリットに着目すると平家滅亡への道筋が見えてくるかもしれない。まあ、仮説かもしれないが、こういう見方も出来るかという見本にはなった。

歴史に「もしも」はないが、平家による政権が長く続いていたら、良くも悪くも日本の歴史は変わっていたかもしれない。それを想像するのも、歴史読み物を読む楽しみなんだよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

雨宿りライブ改め、雨乞いライブでした!

昨日は、以前から楽しみにしていた音蔵さんでのライブに行ってきました。
家を出て暫くして、PASUMOを忘れたのに気付くも、取りに戻る時間もなく
そのまま最寄り駅に向かった・・・という一幕もあったのですが(^^ゞ

まあ、いつものように東松山まで出掛けた訳なのですが、乗換駅のある
川越で立ち食い蕎麦などを食べてから向かったのでした。朝ごはんが少
し遅かったので、中途半端な時間だったけど丁度良かったみたい。


で、着いてみたらこんな感じでした(*^-^*) まあ、雨が降りませんからねぇ。



音蔵スヰートレビュー 13年6月8日-雨乞いライブ/


アカシェの関東でのライブには、毎回のように行かせていただいてますが、
今回はだいぶ落ち着いて見えましたよ。お2人とも大変だったと思います
が、楽しませていただき、ありがとうございました。オリジナル曲も着々と
増やしている様子が伺え、着実に進まれているお姿を拝見して、とても励
まされましたm(__)m



ライブの後は、その時に一緒だった友人たちと共に食事&呑み&お喋りな
時間を過ごしてきました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »