時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 雨宿りライブ改め、雨乞いライブでした! | トップページ | 古事記の恋 »

経営者・平清盛の失敗

経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書

( Amazon の紹介文より)
「通貨」が平家を滅ぼした!
日本の歴史上、最大の経済ミステリー「平家滅亡」を解き明かす。
ミリオンセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者が、平家滅亡と通貨政策の因果関係を説く。
「現代ビジネス」「夕刊フジ」の人気連載、待望の書籍化。
===★===★===★===★===★===

歴史の切り口っていうのは、ひとつとは限らない。可能性としては、複数あって良いと思う。学校で教わる歴史の授業だけが、歴史なのではないから。この本の場合、その意味でのキーワードは「経済」だろう。「平清盛と経済」っていうテーマは、私にとっては興味深かかったし、面白かった。なかなか経済史を中心に据えた本って、あんまり読んでないっていう要因もあるんだけどね。

清盛が生きた時代、それまで廃れていた貨幣経済が復活する。これ自体、ちょっと不思議な話ではあったんだけれど、彼は意外な方法で貨幣が流通する仕組みを作り上げていった。それと同時に、平家の人々に莫大な富を与えることになったのだが・・・果たしてそれって彼らにとって幸せなことだったのだろうか?貨幣が持つメリット、デメリットに着目すると平家滅亡への道筋が見えてくるかもしれない。まあ、仮説かもしれないが、こういう見方も出来るかという見本にはなった。

歴史に「もしも」はないが、平家による政権が長く続いていたら、良くも悪くも日本の歴史は変わっていたかもしれない。それを想像するのも、歴史読み物を読む楽しみなんだよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 雨宿りライブ改め、雨乞いライブでした! | トップページ | 古事記の恋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204989/57587499

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者・平清盛の失敗:

« 雨宿りライブ改め、雨乞いライブでした! | トップページ | 古事記の恋 »