時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

ずーっと ずっと だいすきだよ

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

( Amazon の紹介文より)
エルフィーとぼくは、いっしょに大きくなった。年月がたって、ぼくの背がのびる一方で、愛するエルフィーはふとって動作もにぶくなっていった。ある朝、目がさめると、エルフィーが死んでいた。深い悲しみにくれながらも、ぼくには、ひとつ、なぐさめが、あった。それは…
===★===★===★===★===★===


立ち読み。以前、英語で書かれたものは読んだことがあるような気がする
けど、何となく手にとって読んでみた。犬は人間より先に逝ってしまうから、
そういう日が来ちゃうのは…仕方がないよね。実家でも犬を何度か飼って
るから、「ぼく」が感じたであろうことは何となく分かる。

あと、犬に限った話じゃないけど、すきならすきと相手に言うことは大切だ
よね。

言わなくても通じる・・・なんて幻想だよ、そんなの。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

こんぶのぶーさん

こんぶのぶーさん

( Amazon の紹介文より)
大ヒット食べもの・ユーモアえほんシリーズ第3弾ついに登場! まんざいしをめざすことにした、こぶまきのぶーさん、相方オーディションをひらきます。めざしに、あずき、ゆでたまご、モンブラン。なかなかぴったりの相方はみつからなくて・・・。
===★===★===★===★===★===

立ち読み。ぶーさん、おひるねした後に総菜屋さんへ行って芸人に
なっちゃうんだけどさ、別にコンビ組まんでも良かったんじゃないの?

ピン芸人でも皆を笑わせそうだよ。ま、面白かったので良いかな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ちくわのわーさん

ちくわのわーさん

( Amazon の紹介文より)
ちくわのわーさんはおひるねしたり、鯉のぼりになってみたり、巻きずしさんの服をきてみたり…ふしぎな世界のナンセンス・ユーモアえほん。
===★===★===★===★===★===


家族とショッピングモールに行ったついでに、書店に入って
立ち読み。わーさん、面白い!

ただ、最後の行き先が、おでんの鍋の中なんだけど(笑)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

日本人の知らない日本語 3 祝!卒業編

日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編 [単行本]

( Amazon の紹介文より)
あの大ベストセラー『日本人の知らない日本語』最新刊です!今回は、桜の季節に先駆けて「祝! 卒業」編。あの人気キャラの卒業エピソードが読めるかも。
===★===★===★===★===★===

昨年この本を購入してから、やっと読み終えました。

普段は意識すらしない日本語だけど、視点を変えて触れると
興味深く思えるのだから不思議ですね。だから、もっと言葉を
知りたくなるのかもしれません。

言葉は生き物だから、時と共に変わっていきます。現代だと、
通信手段が手紙だけじゃなくメールや便利なツールも使われ
て、日本国内外でもやりとり出来ますね。そういう時代の日本
語は、その使い方の変化も早くなっています。(これから先は、
もっと早くなるのかもしれませんが)

普段は意識しなくても良いけど、たまには意識してみることも
必要なのかなと思いました。文化を比較してみるにも、意外に
言葉って大事なものですので。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

孔明のヨメ。 (1)

孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)



タイトルを見て、数ヶ月前から気になってて、漸く購入した本です。

だって気になるじゃないですか、孔明の奥さんを主人公にしちゃった
マンガって他にないですもん。ただ確かに時代背景は三国志の時代
ですけど、三国志演義でもそんなに奥さんの話は出てこない筈なの
で、創作部分が多いマンガなのだろうなとは思います。それでも、ほ
のぼのと楽しめる4コママンガに出来るって凄いなあと思いました。

実は2巻を買うかどうか迷ってたんですが、面白かったので後日購入
して読もうかなと思いました。

そ、それにしても照れてる孔明さんと月英さんが可愛い(*^-^*)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »