時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

中島みゆき「歌旅」

久し振りに、一人で映画館へ行ってきました。


中島みゆきLIVE「歌旅劇場版」公式サイト
http://www.utatabi-movie.jp/top.php


このフィルムコンサートを知ったのはFacebookで友達になった方の
書いた記事だったのですが、思い切って行って良かったです。日頃
だったら行かないような場所に行くなんて、こういうことでもないと、
なかなか足を向けることなんてありませんし。

ライブ演奏曲目は19曲あり、その殆どは手持ちのライブCDでも聴
いたことがあったのですが、やはりCDで聴くのとは違う気がします。
前半は観てて、涙腺が刺激されてしまいました(//^^//) その後
は、すっかり元気になれた感じがあります。それと、エンドロール
の後に、プロモーションビデオが流れてきました。これがまた良く
出来てて、プロモーションであることを忘れてしまいましたf(^ー^;


なかなか本物のコンサートには行けませんが、こんな形で映像ま
で観られるのは本当に嬉しかったです。ありがとう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

続きを読む "中島みゆき「歌旅」" »

ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬

ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬 公式サイト
http://je-kiyasume.jp/

この作品はスパイコメディ映画で、原題は"Johnny English Reborn"。
なんか最初っから笑いが沸き上がる作品で、楽しかったです。これは
007シリーズのパロディ要素がふんだんに入っているらしいのですが、
私はそれほど007シリーズを観ていないのでそれには気付きません
でした。でも、「007 慰めの報酬 (原題 "Quantum of Solace")」のパ
ロディだということには邦題タイトルで辛うじて気付きました。

それにしても、お約束のようなヘマをやらかす主人公ってカッコイイん
だか、カッコ悪いんだか分かりませんね。ヘマした後の、名誉挽回の
チャンスは悉く自分で潰しちゃうし、挙げ句の果てには濡れ衣まで着
せられてしましますし(爆)まあでも、主人公が対峙する組織も、結構
マヌケなことをしでかしてた点もまた笑いを誘う要素でしたね。

もう何でそこでツメが甘いんだ!的な行動を取ってます。可笑しすぎ。
いやあ、久々に笑わせてもらいました(o^ O^)シ彡☆バンバン


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

ヘタリア、テレビ放映される!の巻

いよいよ、今日からBS11デジタルにて「ヘタリア」の放送が
視聴可能になるね!原作などの話を知ってても、楽しみで
ニヨニヨしちゃう( ̄ー ̄)♪


番組サイト http://www.bs11.jp/anime/1073/
公式サイト http://hetalia.com/index.htm


この作品は、国家および国民性などの特徴を捉えて「擬人化
した国々」のあれやこれやの話で成り立っている。一応、話の
舞台はWW1の頃から始まっているけれど、実際には話の時間
軸があちこち飛んでいるので時系列通りに進む話の方が少な
いかも。それに歴史的出来事って、その流れは普通の人間の
持ち時間より長かったりするものだし。

まあ、何というか「人」として捉えるとしたら、非常に長寿な人間
達の生活を描いたものと思った方が良いような気がする。その
中で、喧嘩したり泣いたり笑ったり協力したり・・・な物語が繰り
広げられていくのが作品の興味深いところだと思う。しかも、1話
あたり5分ほどのショートストーリー。

よく見ていないと、すぐ終わっちゃう。そんな面白さもある。でも、
ホントによくコメディに描いているなあ、と私は感心していまうの
だけどね。(史実をWikiなどで調べたら、笑えないことも結構ある
ことに気付かされたからね。歴史ネタ好きとしては、色々調べる
のも作品を楽しむスパイスと思えるから、それも引っくるめて楽し
んでるよ)

いちファンとしては、本当に楽しみhappy01


にほんブログ村 トラコミュ 好奇心旺盛な主婦へ
好奇心旺盛な主婦

観てきました!「銀幕ヘタリア」

「銀幕ヘタリア」公式サイト http://hetalia.com/movie/index.htm


昨日いきなり行くことが決定し、レイトショーで観てきました。

映画に関して公式サイトで情報収集はしていたので、一応
少しは予想をしてたのですが、話の所々でツッコミしたくな
るようなことが色々あり、観てて楽しかったです。映画本編
に、放送されたアニメの名場面集が挿入されているのは、
ヘタリアファンへのサービスなのでしょうかね。


それにしても不憫なあの人は本作でも不憫だし、喧嘩友達
は相変わらずでしたね。原作ではフライパンを振り回してい
る子は、本作ではお淑やかなお姉さん・・・(爆)貴族なあの
人は、極東のあの人から頼まれごとをして頭を抱えてて面
白かったです。まあ確かに、ピアノであの曲を演奏する姿を
想像する方が難しいですけど。でもやっぱり、永世中立な人
の様子が周囲と違ってたのは謎かもしれませんcatface


        ↑は、夕飯に食べたハンバーガーセットです。
       私には思いっきり大きかったので、バンズを2枚
       合わせず食べちゃいましたけどね(^^ゞ


ただ、一緒に行った旦那は映画が観終わった後、頭を抱え
てましたけど。彼曰く、あれだったら既に出ているアニメから
1つエピソードを拾ってきて、それをもう少し掘り下げた作品
を作った方が良かったんじゃないか?ってことでした。

・・・それも一理あるかもしれません。内容的には、歴史に
興味のある人には、物足りなさが否めない内容でしたね。
ま、ヘタリアらしく、ゆるーんとはしてましたが。


にほんブログ村 トラコミュ 好奇心旺盛な主婦へ
好奇心旺盛な主婦

観に行きたいな

「銀幕ヘタリア」


「ヘタリア」という漫画はアニメにもなっていて、私もそこから原作マンガを
知ってハマッたファンの一人です。原作そのものは短いギャグコメディなの
ですけど、登場人物達は擬人化された国々(実際には国そのものというよ
りは、国民性など複数の要素が絡んでいると思われます)です。ですので
原作マンガでは歴史的な出来事が舞台になることが多いのですが、笑い
ながら読むことが出来ます。(ただ、考えてしまう内容もありますけど)

しかし、この映画での舞台はどんなことになっているのでしょうか?ちょっと
そこが知りたいものです。。


にほんブログ村 トラコミュ 好奇心旺盛な主婦へ
好奇心旺盛な主婦

楽しみだなー♪

明日から「銀幕ヘタリア」が上映されるので、楽しみー♪

あの人物達がどんな風に活躍(sign02)するのか、とっても
気になるんだもーん。で、やっぱりあの人が「ヒーローだ
から」って、何かやらかしそうな気がする(笑)

まあ、ただの勝手な想像だけどね。ああ、いつ観に行こう?


にほんブログ村 トラコミュ 好奇心旺盛な主婦へ
好奇心旺盛な主婦

観てきました!「カールじいさんの空飛ぶ家」

☆あらすじ☆

冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、
19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい
我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた
2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となっ
たカールは78歳で一世一代の冒険に旅立つ。無数の風船と共に大切
な家ごと飛び立ったカールが目指すのは、かつてエリーと夢見た冒険
の地だった。

公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/index2.html


今回は、さいたま市にある映画館で上映されていた字幕版を観てきました。

まずは、この映画はハンカチを持って観に行かれることをオススメします(^^ゞ
私は公式サイトで、最初はカールじいさんの追憶部分だということを知って
いたにも関わらず涙がぼろぼろ出ちゃいましたから(^-^;;;

亡くなった妻の思い出が沢山詰まった家を出なければならない状況、それ
はきっと、カールにとっては辛いことだったと思います。でなきゃ、偏屈にな
ぞ、なりようがないですから。その彼が、家ごと冒険に出るというのは余程
妻との約束が心に残っていたのではないかと想像します。ひとり残された
彼と、ひょんなことから旅に同行することになったラッセルという少年との旅
は波乱含みな展開で進んでいきました。

話の後半でカールが家を手放すシーンがあるのですが、ここは恐らく彼の
ターニングポイントになる場面なんじゃないかと思います。過去に囚われて
いた思いを脇に追いやって、それからの生き方を変えていくことになってい
くからです。人生を楽しむこともまた、人にとって大事なことですから。


この映画、笑えるところは本当に笑える映画なのですが、それ以上に私の
涙腺が刺激されてしまいました。一緒に行った旦那も、どうやら同じように
緩んでしまったらしいです。「やられたー」って言ってました(^^ゞ

それと、この作品を1人で観るのも良いけれど、出来れば人生のパートナー
と一緒に、ご覧になることをオススメしたいと思います。私は、旦那と一緒に
観て良かったと思っています。

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

1年以上前に、地元の図書館で予約していたDVDの順番が漸く回ってきて借りました。原作の物語の方は、だいぶ前に読んだ記憶がありますが、忘れてることも結構ありました(ま、細かいことですので気にしません)(⌒o⌒;)

でも、さっそく2人で観て大笑いしちゃいましたo(≧▽≦)o ウンパ・ルンパの歌が流れる度、可笑しくて可笑しくて。「それで良いのか!」とか言いつつも、画面を見続けてしまってました。旦那なんて、「これがやりたくて撮ったんじゃないか?」って言ってたしhappy02

まあ、原作には登場していなかったウォンカさんの父親とのエピソードは、きっと大人向けの演出なのかもしれません。が、それがあることで原作とは違った魅力があるのでしょう。これはこれで、楽しい作品でした☆

カールじいさんの空飛ぶ家

12月5日公開の映画だそうです。予告編を公式サイトで観たのですが、
なかなか面白そうですね。ただ、字幕版をやるところが少なそうです。
地元のシネコンでも、やはり吹替版の上映のみだそうです。


映画予告編

カールじいさんの空飛ぶ家:公式サイト
http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/index2.html
上映館情報
http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/theater/


うう、観てみたいです!!カールじいさん、素敵です。ディズニー・
ピクサー作品だから、まず安心して観られるでしょう(^_^)

公開が楽しみですhappy02

レッドクリフPart2

映画公式サイト http://redcliff.jp/index.html

(あらすじ)
曹操(チャン・フォンイー)の元へ男装して潜入していた孫権の妹・尚香<しょうこう>(ヴィッキー・チャオ)は、疫病で亡くなった兵士たちの死体が船に積まれ、連合軍のいる対岸へ流されていく光景を目撃する。死体に触れた連合軍の兵士から次々と疫病が感染し、曹操の非情なやり方に周瑜(トニー・レオン)をはじめ、連合軍は憤りを感じ、劉備軍は自軍の兵と民のために撤退を決意するが、孔明はただひとり戦地に残るのだった。


試験後の楽しみにしていた「レッドクリフPart2」、やっと観て
これましたヽ(^。^)丿あきさんが日記で書かれていたカメ、あ
んな風に出てたんですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

この映画の後半の戦闘シーンは迫力も見応えもあって凄い
なあと思ったんですけど、実は私、今回は涙ぼろぼろでした。
曹操が自軍で蔓延した疫病を利用する際、その死者を対岸
の劉備・孫権の連合軍に向かって流すシーンに現れる非情
さは、何とも言えません。勿論、そこが戦いの場なのは分かっ
ていて、実際の曹操が考えても不思議はないことも理性では
分かっています。でも、やはり死者に鞭打つ行為には感情が
納得できなくて。

それと、小喬がたった1人で曹操の元へ赴くシーンがあるの
ですが、そこも私の涙腺が反応してしまったツボでした。彼
女の気持ちはどんなだろうと想像してしまったのかもしれな
いですが、それくらい物語に入り込んでしまったみたいです。

あとは、まあ三国志を知っていれば、周瑜と孔明があんなに
仲良くなんかない!とか、魯粛がそこまで心配性なのか?
とかツッコミを入れたくなる部分もありますが、まあ映画とし
ては概ね楽しめました。それにしても、曹操役のチャン・フォン
イーさん、何だか本当に似合ってる気がします。どうも曹操の
イメージが、この人になっちゃったようです(笑)そしてやっぱ
り、この映画は周瑜と小喬が主人公なんだなあと感じました♪
(孔明は?)


↓は、今回の映画主題歌の動画です。この歌の邦題は「久
遠の河」です。YouTubeで何度も見ていたので、歌詞の意味
が分かってないのに何故か涙が出ました。


それにしても、今回のオリジナルキャラ、孫叔材(曹操軍の
兵士)は気の良い青年ですねぇ。いかにも田舎から出てき
た若者って感じに描かれていて、良い味出してました。この
人が出るシーンは、どことなく和みます。