時計

Amazon

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog Parts

ブログパーツ

  • ブログランキングに参加しています★

最近のトラックバック

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい
無料ブログはココログ
フォト

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

( Amazon の紹介文より)
ヒョウ柄と飴ちゃんを愛する大阪のおばちゃんがもし日本国憲法を読んだら―。驚くほど「憲法」がよく分かる抱腹絶倒の決定版!子どものガッコのことから夫婦の生活、働き方、集団的自衛権、そして護憲・改憲問題までをおばちゃん目線で解説!
===★===★===★===★===★===

世間で安保法案が話題になる前、この本の存在をラジオで知って面白そうだなと思い、図書館に予約してました。憲法のことは学生時代に習ったけれど、学校を卒業してン十年経った現在、何だか憲法についての論議が盛んになってきたけど中身は忘れてますからね。

勿論ググったり、青空文庫を見れば憲法の条文くらいは出てきます。でも、それだけだと途中で飽きてしまう気がして手が出せなかったので、飽きずに読めそうなものがあればと思ってましたから丁度良かったです。そのへんのおばちゃんが、井戸端会議ついでに憲法の話してくれる感じ、結構好きです。もっとも、「抱腹絶倒」は言い過ぎと違いますか?


この本でも話題になってるけど、憲法改正の話になると必ずど言っていいほど9条の話になるけど、憲法の条文はそれだけじゃないですよね。でも、何故か9条ばっかり言いたがるのって、どうしてでしょう?私には、さっぱり分かりません。あ、一応、安保絡みで言いたい人が多いのは何となく分かりますがね。だけど憲法の規定って、それだけじゃないですよね。それを考えての発言だったら、考えが色々出てくると思うのですが。

ただ憲法って、ちゃんと手続きを踏んでさえいれば改正することだって出来ますよ。そこを解釈だけ変えて運用しようとするから矛盾が生まれるのだと思います。現実社会を考慮して、改正するのはアリだと思うのですけど。(警察予備隊を作った時に、そうすりゃ良かったのに、その時の政府は決断しませんでした。それは何でですかね?GHQだって、憲法改正しても良いからって言ってたんでしょ?おかしいですね ⇐この時は憲法解釈を変えて創設したそうです)


それと、この本で簡略的に語られている憲法成立史がとても興味深かったです。現在の憲法が出来たのは、大日本帝国憲法の改正という形だったそうで、成立自体が珍しい形のようです。ちょっと、その辺りの話を書いた本があれば読んでみたい気がしました。


それにしても、他の人の感想をチラッと見た感じ、「大阪のおばちゃんが喋った憲法の話」的な文章は、大阪弁に慣れてない人には難しいのかもしれませんね。私には、さほど難しいとは思えなかったけれど。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

Nekoatsume Official book ねこあつめ日和

Nekoatsume Official book ねこあつめ日和

今日、ようやっと見つけて購入。そして、電車の中で読了(^^)

猫達と川柳で巡る1年。ゲームの猫達が、普段とは全く違う様子を見せていたりして、ついついニヤニヤしそうになってしまいました。ごめーん寝、可愛かったです!!あと、

それぞれの猫の設定はファンブックの「ねこあつめ図鑑」に出てるので、そちらを見ると良いかもしれません。可愛くて癒やされる1冊でした。

ねこあつめ ねこだらけ図鑑

ねこあつめ ねこだらけ図鑑

いわゆる「ゲーム本」を買ったことも読んだこともなかったのですが、つい、表紙のまんぞくさんに呼ばれて買ってしまいました(;´∀`) と言うか、ビニールが掛かってなかったら立ち読みしてから決めたかった・・・というのが実際のところです。

このアプリで暫く遊んでいるせいか、他のねこを気にもせずゴハンを平らげてしまう、まんぞくさんの満足そうな顔がすっかり憎めなくなってきましたね。ゲームでは、とびみけさんがお気に入りです。

この本は、いつも来る猫達の設定が中心の読み物です。意外に飼い猫さんが多かったです。ゲームだけでは、そこは分かりませんから興味深かったです。たまたま公式本の「ねこあつめ日和」は近所の書店で並んでなかったので、これしか見てないけれど…あったら買ってしまってたかもしれません。

しっかし、久しぶりに趣味の読書をしたら、これって(笑) 他にも読む本は、あるんですが…。

まんが聖書物語

まんが聖書物語 (フォレスト・ブックス)

ざっと言ってしまえば、まんがで表現された聖書のダイジェスト。
だから、お話として読むには丁度良いと思う。旧約聖書と新約聖
書の物語がいっぺんに読める。

旧約聖書の部分は、特に人間臭い話が多いように思える。ここに
出てくる神様は何度も何度も人間に試練を与えるけれど、人間は
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」し、様々な誘惑には負ける。賢者で
知られたソロモンでさえ、誘惑に勝てなかったそうだから(笑)昔
から人間は学習してないのかもしれないな、と読みながら思った。

新約聖書の部分も、話の中心はイエスの生涯と弟子たちの伝道
に重点を置いている。(実際の聖書は、弟子たちの福音書やパウ
ロの手紙などで構成されてる)こちらも、お話として読むだけなら、
それなりに楽しめると思う。

どこの人が書いたのかは分からないけれど、聖書が世界中で読
まれるのには、それなりの理由があるんだろう。

基礎からわかる数学入門

基礎からわかる数学入門 数の発展から微分積分まで

( Amazon の紹介文より)
大ロングセラー『数学入門』(岩波新書)などで著名な遠山啓が、
1960年代後半に高校生を対象に執筆した数学入門書の復刊です。
数学の基礎概念から高校で学ぶ微分積分までを、
平易で読みやすい文章と工夫された説明図でわかりやすく説明しています。
ユニークなスタイル(先生と生徒の対話形式)と、遠山啓一流の巧みな比喩を使った解説により、
数学が苦手な読者でも、豊かな数学の世界が理解できるようになることでしょう。
===★===★===★===★===★===

「やっと読み切った!」というのが素直な感想ですね。私は学生時代
から、数学が苦手でしたから。本当に、さらっと読んだだけなので 理
解出来てないことが多いような気がしますけど。ま、これは 掲載され
ている問題を考えてないせいもあるのでしょう。次に読むときには、練
習問題や本文中の問も考えるようにしたいです。

やはり、数学の本を読むときには、紙と鉛筆が無いといけないんです
ね。改めて、それを認識しました。今まで文系な人生を送ってきました
ので、そんな基本的なことすら忘れてしまってました。

この本の文章は先生と理一くん、文子さんの会話で成り立ってい た
から、取っつきやすかったです。ただ、元の本が47年前に出たもの
だったことを考えると、何だか不思議な感じがします。私が、元の本と
ほぼ同い年だからかな?

別の本の話ですけど、結城浩さんの「数学ガールの秘密ノート」も同
じように会話体で話が展開していますが、それ以前に遠山先生が会
話体で書かれていたことに驚きを隠せませんでした。この辺りは、先
生が学者である以上に教育者だったから出来たことなのでしょうね。

そういえば、「数学を勉強する人のために」という章で、数学を勉強し
なければならない理由について、こんなことが書かれていました。

「これからの社会で活動するにはかなりの程度の数学を身につけて
いなければならない」からだと。


私も中学か高校の頃、なんで数学を勉強しなきゃいけないの?って
思ったことがありましたので、これには納得出来ました。まさか自分
が、いい大人になってから数学を必要とすると思っていませんでした
ので。

だから学生の頃の私が今の状況を見たら、きっと引っ繰り返ってると
思います(爆) おまけに、数学に関する本を読むようになるなんて、
ありえなーい!coldsweats01

とは言え、筋道だって物事を考えることは割と好きな方です。数学が
苦手科目ではあったけれど、どこか気になる存在だったのだと、今の
私は知っています。だからこそ、ここ何年か数学を学び直してみたい
って気分になっていたのだと、これを書きながら気付きました。

学生時代に、もう少しだけ数学が得意だったら、遠山先生の本に目を
向けることが出来たのかな・・?


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

自分のペースでゆったり学ぶTCP/IP

自分のペースでゆったり学ぶTCP/IP

( Amazon の紹介文より)
森の側の家に引っ越した先生と絵美ちゃん。そこに、郵便配達の"くま君"が営業にやってきます。「まいどどーも、くろくま郵便です」紆余曲折の末、先生がくま君にTCP/IPのしくみを教えることに…。絵とき満載+会話で学ぶ、やさしくて楽しいネットワーク教科書の登場です!
===★===★===★===★===★===

勉強の一環として読む為に借りた本だったけど、技術書の割に
読みやすくて助かりました。

いわゆるネットワークの話ですが、くま君と先生、絵美ちゃんの
会話で構成されているのと、章ごとのまとめ、各所にある図解が
理解の一助となるので誰でも読める感じがします。

ただ、この本は10年近く前の本ですので、ネットワーク分野の基
本を押える程度の使い方で読むと良いのかもしれないです。

楽しく勉強するのに向いている本ですね。(改訂版も出てるよう
ですが、その本も何年か前に出版されたものだったはずです)

また、借りて読んでみようかと思います。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

うどんのうーやん

うどんのうーやん


これ、どこからツッコんで良いのか分からんって…。これ、ざっくり
言うと、人手不足のため、うーやん、自分でお客さんとこへ行くっ
て話ね。

途中でカツ丼や寿司とすれ違ってみたり、目刺や梅干、そうめん
などが加わって賑やかなことに。

まぁ、無茶苦茶ではあるんだけど、笑えて楽しい本。ただ、きつね
うどん頼んだお客さん、びっくりしたのでは?

もっとも私は、うーやんが山に登ってるのに驚いたけどさ(爆)

だってさ、「のぼるしかないやろ」って登っちゃうんだよ?うどんなの
に。ちょっと、こいつ凄くない?男前やー!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度

あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度

( Amazon の紹介文より)
20代から40代まで、女性なら誰もが「懐かしい!」と感じる日本一有名な広告マンガ「日ペンの美子ちゃん」。そのマンガとしての魅力にスポットを当てた超異色のマンガ研究本。
===★===★===★===★===★===

(= ̄m ̄=) ̄m ̄=) ̄m ̄=)プププッ これ、面白かったです!
美子ちゃんって4代目までいたんですねー。

最初は3代目を覚えてるような気がしてたんだけど、妙に初代
美子ちゃんが印象に残ってしまいました。そこは、やはり年代
的なものなのかなぁ。子供の頃の少女漫画って、こんな感じだっ
たなと思ったもの。あと、初代・2代目・3代目美子ちゃんが一
堂に会する回の漫画が載ってたのは貴重かも!

それにしても、3代目は思いっきりギャグマンガですなぁ。しかも、
とほほなオチ。いやあ、笑わせて貰ったわ。楽しかった。


美子ちゃん、今も載っていれば良いのに。


唯一残念なのは、全作品が網羅されているわけではないこと。
まぁ、広告漫画だから、しょうがないのかもしれないけどね。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ふだん使いのマインドマップ

ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる

( Amazon の紹介文より)
買い物リストに、休日のランチ決めに、旅行プランに、さらに、話し合いやコミュニケーションにも大活躍!日常のさまざまなシーンでマインドマップを活用しよう!
===★===★===★===★===★===


年始めにTwitterにて、偶然この本の感想を書いてた人のツイートを見て、
あっと言う間に注文して買ってしまった本。

それは「ふだん使いの」という言葉が、私にはキーワードに思えたから。
実際に、この本では様々な人達のマインドマップが取り上げられていて、
「マインドマップの使い方に制限はないんだ」と改めて感じたのだった。

あ、勿論よく言われているルールを知った上で描く必要はある。私も、た
またま年始めに、友人からレクチャーしてもらったのをきっかけに学習目
標について手書きでマインドマップを描いてたけれど、何となく腑に落ち
ていない部分があったから読んでスッキリしたな。

(注:腑に落ちなかったのは、以前読んだことのある本やサイトなどで
見たものに対してです)


あとで、感想マインドマップを描いてみるか。










・・・と言うわけで、とてもラフなマップが出来上がったとさ(^_^;)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ

数学ガールの秘密ノート/式とグラフ

( Amazon の紹介文より)
「僕」と三人の少女が、中学・高校レベルの数学をやさしく解き明かす。
新たな発見に出会う新シリーズ、第一弾。
===★===★===★===★===★===


買ってから暫く置いてた本だったんだけど、文章が読みやすかった
ので読み始めたらサクサク進む感じがしました。学生時代は数学
が苦手でしたので、当時こんな本があったら良かったのにと思って
しまったほどです。

本編の「数学ガール」が未だ読み切れてないけれど、こっちのシリー
ズを楽しんでから再び本編に戻ろうかなと感じた一冊でした。考える
楽しさを再発見してしまうような本ですね。

そう言えば、テトラちゃんが感じてたように、中学生になってから習
った文字式に初めて出会ったときは、私も戸惑ったような覚えがあ
りました。もう、遠い記憶ですけれど。

もし、あの当時、こんな風に「一般化の概念」を授業で語られていた
らな・・・と不意に思ってしまった40代の冬のひとコマ・・・かな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧